夢子の禁酒禁煙ブログ

禁酒禁煙に取り組むブログ。「はっ!私、悪い夢を見ていたんだ。」と気付きました。お酒もタバコもやめたら、人生すっきりしました。そして、日常の他愛ないことの記録。

久しぶりのブログです

こんにちは、夢子です!

大変お久しぶりです〜、去年の7月から放置してしまっていた私のかわいいブログ…。

しかし!

このお休みしていた間、なにもなかった訳ではなく、新居が建ったり、引越ししたり、

そして妊娠して、出産を経験。ものすごく多忙だった訳です!

そうなんです、

なんと、私も人の親となることができました〜!

妊娠中はつわりも重なって、PC画面を見るとクラクラ。引越し先はネット環境が整ってなくて、整える余裕もなくて、ちょっとブログから遠ざかってしまっていた訳です、ハイ。

ブログの書き方もちょっと忘れかけています汗

スマホから書いていますが、読みにくかったらごめんなさいね。

 

さてさて、禁酒、禁煙は絶賛続行中です!

妊娠したおかげもあって、お酒とタバコからは遠い遠いところにいたのです。

禁酒は去年の4/20からスタートだったので、現在だいたい禁酒11ヶ月というところ。

禁煙は、何年していたか忘れてしまいました汗

5〜6年というところです^ ^

先月、息子を出産しまして、今子育て真っ最中なのですが、最近やたらとお酒が飲みたい…。

そうなんです、あの誘惑の魔の手が忍び寄ってきてるんです〜、まずいです。

息子よ、母は戦っています!

飲みたい、でも授乳があるから飲まずに済んでいます。

「ノンアルコールならいいのでは?!」とか、「授乳が終わったら飲んじゃおうかなぁ」とか、よからぬ考えが頭に浮かぶことも…。

それで、自分のブログでも見返してみようかなと思った次第です。

ブログを開いてビックリ!

アクセス数が格段に増えてるではないですか!!

ありがとうございます、ありがとうございます!

次からはもっとブログを確認します!…多分…余裕があったら…。

今は息子とべったりの毎日です。

オシッコひっかけられたり、ウンチまでもひっかけられたり、授乳しながら乳を出して寝てしまったりする日々。(お食事中の方、申し訳ありません)

でも彼の一挙手一投足に、癒され、笑わせてもらう毎日です。

 

ということで、今日はこのへんで!

ではでは〜!

 

 

 

妊娠してもタバコがやめられない女性たち

こんにちは!夢子です。

いつもブログに遊びに来ていただいてありがとうございます!

昨日は七夕でしたね~!七夕のご馳走には、ビール……?

飲んでませんよ〜!私には義母特製の梅ジュースがあれば十分。(子供か!)

いつもは麦茶です。

とうとう禁酒80日目です!継続すればするほど、禁酒が楽しく、ラクになってきました。

今日もタバコの話。昨日の続きです。

妊娠中、なにかと気を遣います

昨日の記事では、妊婦と喫煙について書きました。

 

yumecox.hatenablog.com

妊娠中はなにかと体に気を遣いますよね。

妊娠に関する本やネットを少し読んだだけでも、

「あれは食べちゃダメ、これは食べちゃダメ」

「薬も勝手に飲んじゃダメ、お医者さんに確認して」

「運動は○ヵ月からならよい」

「出血があった場合はこうしてください」

「体重は○㎏増加までに抑えて」

「細菌、病原菌に注意して。ペットや子供からうつることもある」

葉酸サプリメントを摂って」

「体は冷やさないように」

「洋服はこんなものに変えてね」

「下着もマタニティー用に変えてね」

「重いものは持っちゃダメ」

「周囲への報告はこれくらいの時期にして。流産の可能性もあるから、早すぎてもよくない」

 

 

……。

も~!!一体いくつルールがあるの!!!

妊娠・出産は嬉しいことであり楽しみでもありますが、同時に心配事が一気に増えます。

 

そして何より、妊娠中はもちろん「禁酒・禁煙」をしなくちゃいけません。

女性は男性よりも、人生の中で一度は「禁酒・禁煙」を経験しなければいけないケースが多いと思います。女性の中でも少なくない人数が、妊娠出産を経験します。

妊娠中に起こる色々なことに気を遣いながら、「禁酒・禁煙」に取り組もうっていうのはけっこう大変です。

オススメは、妊娠する前にお酒もタバコもやめてしまうこと。妊娠中にはほかにも考えなければいけないことがたくさんあると思います。仕事をどうするかや、どこの病院を選ぶかや、赤ちゃんの名前を考えたり、必要なものを用意したり。

禁酒禁煙は、集中的に知識を頭に入れたほうが、成功しやすい。なので、妊娠してからやめるより、妊娠前にやめてしまったほうが負担が少ないと思います。

 

 

妊娠したのにやめられない女性たち

私は、妊娠したのにタバコをやめられない女性を何人か見てきました。

彼女たちは、葛藤して、苦しんで、不安でいっぱいになって、投げやりになっていました。

タバコをやめたいけれど、それでもお腹に目を背けて、タバコを吸わないといられない。

お腹の中で赤ちゃんが動くのが分かっても、

「妊婦がストレスをためるのは、赤ちゃんにとってもよくないよね。」とか、

「1日1本なら大丈夫。」などと、

こじつけのような理由を付けて吸ってしまいます。

出産のその日まで、

「お腹の子は大丈夫かな?お願い、大丈夫であって!」

と祈り続け、悪いと分かっていながら吸ってしまう。

心の中では「健康な子を」と望み、

けれどまったく逆の「喫煙」「飲酒」という行為に走ってしまう。

相反する二つの感情《どうか健康な子であってほしい。でもタバコが吸いたい。お酒が飲みたい。》に、振り回されてしまいます。

毎日毎日この二つの間で葛藤すると、心が分裂してしまいます。

 

産まれてきた赤ちゃんが死産だったケースも聞きます。

出産後すぐに、心臓に穴が開いていて手術を何度も受けるケースもあるそうです。

その確率は数パーセントかもしれませんし、喫煙が直接の原因でないかもしれませんが、

産まれてきた我が子に何かあったとき。

「もし、あの時タバコをやめていたら……。」と考え、自分を責めてしまうのではないでしょうか。

後悔や罪悪感で、身が引き裂かれる思いがします。

妊娠してもタバコを吸っていた場合、周囲の目は、ものすごく冷たいです。

それは、危険性があることを、皆さん十分にわかっているから。

本人もやめないといけないのはわかっているので、批判・糾弾・バッシングは余計に身に染みるでしょう。

禁煙できない妊婦さんに対する、世間一般の反応は昨日の記事で書きました。 

確かにごもっともな意見もありました。けれど、それ以上に傷つく言葉が並んでいてびっくりします。

「母親失格。」

「妊娠するべきじゃない。」

「妊娠する資格がない。」

「虐待。」

「愛情がない。」などなど。

妊娠してもタバコをやめられない妊婦さんは、出産の前から「母親失格」というレッテルを貼られてしまいます。

 

友人の場合 

私の友人(喫煙者)は、数年前に妊娠しましたが、

「どうせ、私にはタバコはやめられない。」と言い続け、

「どうせ、私はいい母親ではないから。」という発言が飛び出し、

「どうせ、私はダメな母親、ダメな人間だから。」と言うようになりました。

ちなみに子どもは無事に産まれ、すくすくと健康に育っています。

妊婦の喫煙者は、「タバコを吸っていたけれど、子どもはちゃんと育っている」という話にも、心の拠り所を求めている気がします。

「あの子も妊娠中タバコを吸っていたけれど大丈夫だったから、私も大丈夫なはずだ」というように。

でも、本当に大丈夫かは誰にもわかりません。 

 

妊娠したら全員がタバコをやめられるの?

100人の人間がいても、100人全員がタバコを吸う訳ではありません。

吸う人間と、吸わない人間に分かれます。

同じように、喫煙者が100人いたとして、なんらかの理由で禁煙したいと思ったとき。

100人全員がスパっとやめられるのでしょうか?

いいえ、やめられないと思います。

 

タバコの問題は複雑です。

「タバコが臭い、嫌だ、タバコは体に悪い、赤ちゃんに悪い」という面もちゃんと知っているのに、

「けれど、タバコがなければ私は生きていけない、まっとうに暮らしていけない」とタバコにすがってしまうから。

 

タバコは喫煙者の味方ではありません。勇気も自尊心も母親としての自信も奪っていく、悪いやつです。

吸い続けると、死亡率も上がります。

タバコはストレス解消のただの道具ではないのです。

罪悪感を生み、ストレスの元を生むのは、タバコです。

 

 

子育て中、タバコを吸ったらリラックスできる?

妊婦さんが、痛く苦しい思いをして、やっと喜びの出産を終えても、そこからすぐ大変な大変な「子育て」がスタートします。

私には出産経験はまだありませんが、この年になると周りの友人たち、兄弟は次々と親になっていきます。なので、近くで彼らを見て、想像することはできます。

 

例えば、「喫煙者が親になった場合、どんなことが予想されるか?」みたいなこと。

 

  • タバコが吸いたいけれど、子供の前では吸えない。喫煙できる場所は限られている。
  • 子供は親の言う通りには動いてくれない。吸える時間も限られている。
  • 子供は突然泣いたり、オムツを替えなくてはならなかったり、駄々をこねたり、転んだり、「トイレ行きたい!」と言ったり、「お腹すいた!」と言ったり、「ね~ママ~、僕これ欲しい!」と勝手におもちゃを商品棚から持って来たり、怒り出したり、走り出したり、スーパーマーケットの通路で泣き喚いて仰向けに転がって暴れたり、とにかく目まぐるしく変化する。目を離せない。自分のことを優先している場合ではない。
  • タバコを吸っている場合ではないけれど、時として子供より自分の喫煙タイムを優先してしまう。例えば、時間がないとき、子供の目の前で吸ってしまったとき、タバコが手放せなくて、泣いている子供を放置したとき。そんなとき親は自分に罪悪感を感じる。
  • 子供が産まれたら車内は禁煙。遊びに行くテーマパークや商業施設も、喫煙所以外では禁煙。(最近はどこも禁煙ですね。)
  • 旦那さんが、喫煙について文句を言ってきた日は、イライラしてしまう。
    「子供を産んだんだから、タバコぐらい辞めたらいいのに。」
    旦那さんもタバコを吸っているなら、なおさらイライラする。
  • 一緒に遊んでいる友人に、
    「ちょっと、子供見てもらっていてもいい?タバコ1本吸ってきてもいい?」
    と申し訳ないと思いながら頼んでしまう。

タバコを吸わなければ、タバコに縛られることはありません。

「朝から1本も吸っていないわ。そろそろ吸わせてよ……。」なんて、時間も気にすることがありません。

それに、旦那さんからの「タバコぐらいやめたら?」の一言に対する「イラッ」や、

「タバコを吸いたいから、子供を少しの間見てもらっていてもいい?」と頼んでしまう「罪悪感」は、タバコを吸わない人は感じないもの。

スモーカーはここでも損をしているんです。

 

「吸えないからリラックスできない」のではないんです。

「タバコを吸っているからイライラが発生し、タバコなしではリラックスできないと感じているだけ」です。

ノンスモーカーは、いつでもどこでも、スモーカーよりもリラックスに近い位置にいます。リラックスから遠く離れているのは、スモーカーのほうでは?

 

でも、大丈夫

3日間禁煙すれば、体はとても軽くなります。

1週間も禁煙すれば、タバコの毒が体内から排出されます。

1ヵ月、禁煙できれば、タバコのない生活にも慣れ、「タバコなしでの生活習慣」が着々と形成されていきます。

 

 

タバコはストレス解消にはならない

タバコを吸うとストレス解消になると感じるのは、

「タバコが吸えなくて感じているストレス(体内のニコチンレベルが下がりイライラしている状態)を、タバコを吸うことによって、体内にニコチンが入り、満たされたと思ってしまうだけ」です。

ノンスモーカーは元々、そんなイライラは感じません。

タバコを吸っている人のほうが、日常的にイライラしやすいと感じます。(私がそうだったんですから)

ささいなことでイライラしやすいのは、「タバコはストレス解消だ」と思い込んでいるスモーカーです。

ノンスモーカーは、タバコが生み出すイライラに振り回されません。

 

タバコはご褒美ではない

子供たちが寝静まった夜に、

「今日も一日疲れたな、さ、1本吸おう。」

こんなママさんたちは、少なからずいるのではないでしょうか?

けれど、タバコは1日の疲れを癒すご褒美ではありません。

タバコは薬物であり、依存性があります。

タバコなしでは生きていけないと思わせる強力な力がタバコにはあります。

なので喫煙者は、

「タバコは私の唯一のご褒美なのよ」とか、

「タバコが無いと日々の問題を乗り越えられない」とか、

「タバコが無くては人生まともに歩いていけないよ」と考えてしまいがちです。

 

でも、タバコはご褒美でも、味方でも、人生を歩くための杖でもありません。

ただの足かせです。

ご褒美は、ゆっくりお風呂に入る、とか、おいしいものを食べる、とか、健康的なものであってもいいはずでは?

体にも悪くて、毎日毎日お金もかかって、吸わないとイライラするようなものです。

わざわざご褒美に選ばなくてもよいのではないのでしょうか。

 

タバコの怖い話を聞いてもやめられるわけではない

私も元スモーカーですから、わかっているんです。

「びびらせてタバコをやめさせようとしても、やめてはくれない。」

そうなんです。

それでも、

「タバコをやめたらいいことばっかり!みんなにもタバコをやめてもらいたい!」

というお節介心が働いて、

「みんなもやめよう?ほら!タバコってこんな怖いことがあるよ?赤ちゃんがこんなに苦しがってるんだよ?やめようよ?」

と言ったとします。

スモーカーの妊婦は怖くなって、不安になります。

不安になると、どうなるか?またタバコを吸ってしまうんです。 

「タバコはやめた方がいい。」は正論すぎて、真正面から受け止める勇気は喫煙者にはありません。怖すぎます。現実逃避したくなります。(私がスモーカーのときはそうでした(笑))

だって、タバコは勇気を奪っていくんですから。

タバコが奪っていくものは、他にもたくさんあります。

「自信」「勇気」「自尊心」「自己肯定間」「ポジティブな気持ち」「やる気」「元気」「健康」「お金」……。

他にも、喫煙できない場所(路上などでも)吸ってしまった場合、子供や妊婦の前で吸ってしまった場合、歩きタバコが人にぶつかってしまった場合などは「信頼」「信用」「品性」といったものも奪っていくような気がします。

 

タバコをやめるだけで、

「私はタバコに頼らなくても、私ひとりの力で生きていけるんだ」

という自信が戻ってきます。

「勇気」「自尊心」「自己肯定間」「ポジティブな気持ち」「やる気」「元気」「健康」「お金」「信頼」「信用」「品性」これらも自分の中に戻ってくると思います。

 

タバコがなくても朝起きられるし、仕事も頑張れるし、ご飯も食べられる

「タバコに頼らなくても朝起きられるし、仕事も頑張れるし、ご飯も食べられるんだ」

当たり前です(笑)

けれど、こんな当たり前のことが、私はスモーカー時代わかりませんでした。

 

朝に弱かった私は、今では5時に起きます

私は昔、朝に弱い人間でした。ノンスモーカーの今は、朝五時に起きます。

朝なかなか起きられなくて、「一服するため」という名目のもとにしぶしぶ布団から這い出していました。布団をかぶりながら一服することもありました。

煙を吸っていると、徐々に頭が冴えてくるように感じていました。

けれどそれは、ただ睡眠中にタバコを吸っていないため、ニコチンレベルが下がった状態の体内にニコチンが入ることによって脳が、「覚醒した!」と勘違いするだけです。

スモーカー時代は、体が常にだるく、頭が痛く、倦怠感がつきまとっていました。

タバコをやめれば、だるさ、倦怠感、頭痛はなくなります。

朝は起きるのがとても楽です。お酒もやめたので、なおさら朝に強くなりました。早起きは楽しいですよ!

 

仕事に行くのも辛くない

また、タバコがないと仕事に行くのも億劫でした。

職場は禁煙でしたから、余計に心が重くなりました。

通勤の車中で立て続けに吸いだめしておきます。

「今からお昼までは吸えないんだ」そう思うと不安になり、たくさん吸ってしまいます。けれど、タバコをやめた今は、そんな心配をしなくてもいい。

タバコに振り回されない生活はとても楽ですし、タバコではない他のことに体力も気力もお金も注げるので、毎日が充実しています。

 

食事とタバコはセットではなかった

外出先で禁煙席を選ばれると、「まじか……。」と思っていました。

だって、食後の一服はおいしいですよね?

 

はい、違います。

 

ご飯は、おいしいです。(レシピを間違えさえしなければ(笑))

食事は体に必要なものです。なければ死んでしまいます。

けれど、タバコはおいしくありません。立て続けに二、三本吸うと、吐きそうなくらいまずくありませんか?

一本目は、体内のニコチンレベルが下がっていたため、脳が「久しぶりのニコチンおいしい!」と勘違いしているだけです。

まずい、と感じるタバコの味が、本来のタバコの味です。

人生の一本目のタバコの味は、まずくありませんでしたか?

それに、タバコがなくても人間は死にません。

逆に、タバコを吸い続けると死亡率が上がります。

 

まだまだ書きたいことがたくさんあるのに、書けない……!

続きはまた次回!

ではでは~!

 

 

ツイッターはじめました*

@yumecox
ツイッター超初心者なので、よかったらフォロー&いろいろ教えてもらえると嬉しいです。

 

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ    

ただいま、ブログ初心者の夢子は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければ嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

妊娠しても禁煙できないという質問が炎上していました

こんにちは!夢子です。

今日で禁酒79日目!禁煙5年と○ヵ月○日!(笑)……あぁ、正確な日がわかればなぁ。

日にちを数えている限り、呪縛から逃れられない、みたいな話を聞いて、数えるのをやめてみたところ、ブログを書くときに「禁煙○日!」と、書きたくなってしまって困っています(笑)

さて今日は、タバコのお話。

妊娠したけどタバコをやめられない女性

 

私は、ある女性向けのアプリを利用しています。そこの質問コーナーにこのような質問がありました。

 

(タイトル)タバコ辞められるかな

(本文)もうすぐ妊娠7ヵ月。
働いていて、周りが吸っているのもありなかなか辞められません。
7月から禁煙しようと思ってるけど、できるかな……。
妊娠して禁煙した方、どうやって辞めましたか?

 

 

他のユーザーからのコメントが怖すぎたので、抜粋します

返信コメント数、170件以上。

半分以上が、質問者への怒りのメッセージ。

そう、炎上っぽかったです。(ヒィィィィ!)

あまり炎上というものをみる機会がないので、本来の炎上とはまた違うのかな?とも思うのですが、私の知っている炎上と似たような現象でした。

他ユーザーさんのコメントね、わかるんだ……わかるんだよ。

でも何故か、私が傷つきました。(おい、ガラスのハート(笑))

現実的な世間の反応ってこうなんでしょうね……。

私もこんな記事書いてるので、「妊娠したらタバコやめてね!」とは言いたいです。

 

yumecox.hatenablog.com

 

けれど、その人の、人格否定はしてはいけない。

タバコ問題を通り越して、人格否定にまで及んでいるコメントもありまして……。

怖かったので、一部抜粋させてもらいました。

妊娠してタバコ吸ってたらこんなこと言われるんだよ!と皆様に体験していただきたくて(笑)

※コメントは途中、省略させていただいています。

 

  • 妊娠初期の方からの投稿だと思ったら、もう7ヵ月の方でしたか。母親の自覚がないだけだと思います。タバコひとつやめることが出来ずに、これから何が出来るというんです?
  • 赤ちゃんを苦しめて、よくのうのうと。母親失格なんじゃないですか?
  • 生まれた子供にタバコをくわえさせますか?嫌と言えない赤ちゃんに無理やり吸わせるなんて虐待です。
  • 赤ちゃんにいい影響がなにひとつないとわかっていながら辞められないなんて、愛情がないのかなと思っちゃいます。
  • 自分の欲とお腹の赤ちゃん、どっちが大切ですか?
  • 産まれる前から虐待してるのと同じです。
  • 辞めようという強い意志があれば辞められますよ。
  • 辞められないなら妊娠するべきじゃない。
  • 私の周りにも臨月になっても辞めない人がいました。見ていてみっともなかったです。
  • 子供より自分優先か!母親なれないでしょ。我慢もできないの?子供だね。呆れるわー。
  • ここで平気で妊娠中もタバコ吸ってたなんて書いてる人、どんな神経してるんだろ~。なんでそんな人が妊娠するのかな。そんな人に母親は無理だよ。
  • 理解できません。自分に甘いだけ。私もヘビースモーカーで吸っていましたが、妊娠が分かり母親や旦那が吸っていましたが禁煙できました。
  • 7月になりましたけど、禁煙できましたか?主さんはみなさんがコメントしてくださってるのを見ているのかな?(質問者さんが)放置してますけど。
  • 赤ちゃん可哀想。産まれる前から虐待されて。
  • ありえない。それで母親なんですね。自分の欲求>我が子への愛情なんですね。
  • 妊娠してどうやって辞めましたかって、もう7ヵ月になる妊婦さんが相談することなんですかね?とりあえず今吸おうとしている1本をしまってください。
  • 意志が弱い。そんなんじゃ母親になれませんよ。
  • あなたのところにどんなお子さんが生まれてこようがどうでもいいですけど、周りに迷惑だけはかけないようにしてください。
  • もう7ヵ月では手遅れでは?
  • ここまで吸ってきて何を今さら……と思ってしまいます。辞める気があったらとっくにやめているのでは?

 

 

タバコをやめた私でさえ、グサリグサリと刺さる言葉の数々。

 

 

ちょっと反論してみたくなる

ちなみに、糾弾している人の多くは「私は妊娠してからタバコをやめました」という人からの意見が多かった。

「私はやめたのに、なぜあなたはやめないのですか?」

そんな声が聞こえてきそうです。

 

「私は妊娠がわかってからスッパリやめました。」とか、

「妊娠中にやめました。」とか、

「私はつわりの時期にはやめました。」とか、

「妊娠検査薬で陽性が出た瞬間やめました。」

とか言うコメントの、多いこと多いこと。

そして、続くのは

「虐待だ。」

「愛情がない。」

「妊娠するべきじゃない。」

「母親じゃない。母親になれない。」

「母親失格。」

と怒りの糾弾。

質問者さんだけをやり玉にあげて、妊娠初期に吸っていたという、糾弾している妊婦さんたちに言いたい。

(もちろん、そうじゃない人もいたんですけどね)

私から言わせてもらえば、どっちもどっちだぞ?

 「タバコを吸っている=子供に対する愛情がない」

そんなこと言うなら、糾弾者ユーザーさんもはじめから吸わなければよかったにな〜と思ってしまいました。

妊娠初期に吸っていた妊婦も、7ヵ月の妊婦も、どっちもどっちです。妊娠がわかった時点、検査薬で反応が出る時点というのは、大体妊娠2ヵ月目です。もう赤ちゃんはお腹にいたんです。

妊娠の超初期は、赤ちゃんにとって大事な器官が作られる過程。

妊娠2ヵ月目だって、リスクはあるんです。

7ヵ月目はリスクがあって、2ヵ月目はリスクがないなんて、おかしな話です。

(妊娠2ヵ月目と7ヵ月目の喫煙において、時期によりリスクが発生する割合や確率とはまた別の話で。いずれにせよリスクはあるということを言いたいのです。)

けれど、大事な妊娠初期の期間に吸っていた人達が、自分を棚に上げて、見ず知らずの他人に対して、「赤ちゃんに対する愛情がない」「妊娠するべきじゃない」なんて言いさくっているのを見ると、心がザワザワしました。

世間って怖いところです。

 

妊娠7ヶ月のスモーカー妊婦さんを擁護して、『だから吸っていい』と言っているのではありません。

リスクがないようにやめるために、協力しあえたら一番いいのにな〜と。

綺麗事を言ってみてます。

 

タバコには、何のメリットもありません。

けれど、「妊婦がイライラしているとお腹の子によくないから、タバコは必要」とこじつけてしまうほど、タバコの魔力は強力です。

 

ぜひ、女性は妊娠の前にタバコを卒業できればなと思いました。

 

今日はここまで!続きは次回書こうと思います。

ではでは〜!

【開設2ヵ月】2016.6月のPV数を公開します

こんにちは!夢子です。
いつもブログに遊びに来ていただいてありがとうございます。
さて、ブログ開設2ヵ月の初心者のワタクシですが、またまたPV報告をさせていただきます。
 
目次:
 

前回(2016.5月)のPV報告はこちら

 yumecox.hatenablog.com

 

2016年6月のPV報告です

f:id:yumecox:20160703075852p:plain

PV数は「7,357PV」でした。先月が「2,721PV」だったので、倍以上です~!

なんと先月比 2.7倍!皆様ありがとうございます!

 

2016.6月のアクセス数

f:id:yumecox:20160703075834p:plain

6月は合計6,000アクセスほどあった計算になりました。

今月の合計は、月末にスクリーンショットを撮っておかないとダメなのね。

7/1に撮ってしまい失敗しました……。またひとつ勉強。

今月の最高は6/16「481アクセス」
前日の6/15に書いた記事はこちら 
 ↓↓↓
実は、記事を更新していない日が最高。謎です(笑) 書くなということか?(笑)
そう思ってしばらく書くのをお休みしたら、やはりアクセス数は減りました。当たり前ね(笑)
 
それと、こちらの記事もたくさん読まれているみたいです。
5月の初旬に書いた記事が、息の長い記事になりました。
 ↓↓↓
 
 
 

記事数

5月は34記事でした。

 ↓↓↓

6月は21記事。

スローダウンしております。「1日1記事更新」を目標にブログを始めたのですが、1日1記事ペースは、私にはちょっと辛かったんですよねぇ、なんて言い訳してみてます。

楽しみながら書ける範囲で書いていきたいなと思っています。

 
 
 

読者数

5/31時点 65人
 ↓
6/30時点 85人
なんと!20人もの方が増えている!嬉しい~!!嬉しいではないか!!
 
 

結論!

やはり離婚について書くと、アクセス数が落ちます!!

いや、わからないでもない!!(笑)

こんなブログですが、皆様に愛されるブログになればなと思っています。

 

さーて、新たに記事でも書くか~!

ではでは~!

 

ツイッターはじめました*

@yumecox
ツイッター超初心者なので、よかったらフォロー&いろいろ教えてもらえると嬉しいです。

 

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ    

ただいま、ブログ初心者の夢子は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければ嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

 

【禁酒】誘惑に勝ったどー!

こんにちは!夢子です。

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。今日で禁酒してから72日目です!

 

先日、私は誘惑されてしまいました……。

ワタクシが人妻にも関わらずです。

なんともけしからんヤツだ!

その悪いヤツの正体は……?

そう、お酒です。

私を誘惑してくるバカヤローな人間はこの世にはいません(笑)

……。

ちょっと!一人くらい、いないのか!

あ、物好きが一人だけいました。

ウチの主人です。(デレデレ)

はっ!ダメダメ!またウザすぎる記事になってしまう!

 

 

もとい。

私にお酒の誘惑がやってきた、という話でしたね。

そんなときはどうするか?

とりあえず、皆さんのブログにお邪魔しています。

「そうだ!戦っているのは、私は1人でないのだ!」と実感させていただいてます。

実は、酒を飲まない人というのは私の周りにはほとんどいません。妊娠中か、授乳中のママさんくらいです。

なので、禁酒をしている私は現実世界では少数派。ネットのなかに仲間を探します。どこだ〜!どこだ〜!

 

 

発見!おられました〜!仲間!

というか、禁酒期間3年100日越えの《禁酒の先輩》です。

 飲むのも自分断つのも自分(断酒3年105日目) - 酒をやめてhappyになろう!

特にこちら↑↑の記事では、

  • 酒害を進んで学ぶ
  • ブログを書くなどの行動をする

 など具体的なことが書かれていて、毎回ためになっています。ありがとうございます。

 

酒害と言えば、こんなニュースを見ました。

www.fnn-news.com: JAL副操縦士、酒に... 

副機長の飲酒&暴力沙汰により、小松空港を離陸予定の飛行機が欠航。副機長いわく、「酒に酔っていて覚えていません。」

 

ハイ、ダメ〜!

 

パチッ!!

私、やっと目が覚めました。「お酒って……もしかして……いいもの??」という迷いも払拭されました。

酒飲みは、皆が同じルートの上に乗っている。

そのルートはなんであるかと言うと、

《誰もが過ちを犯す可能性を秘めたルートである》ということなんですよね。

お酒を飲んだら気が大きくなってしまって、ついつい余計なことを言ってしまった、とか、普段は温厚なのに、お酒を飲むと乱暴になる、とか。

そこまでは行かなくても、ちょっと外で居眠りしちゃった、とか、気づいたら昨日居酒屋で初めて会った人の家にいた、とか。

どんなにいい人でも、お酒が原因で信用を失うことってあるんですよね。しかも、その件数は少なくないと思います。

 

「お酒を飲まなかったらいい人なんだけど……。」という人、皆さんの周りにいませんか?

前述した副機長さんも、普段は温厚な方なのかもしれません。 

彼に何が起こったか、想像してみてください。

ーー気がついたら、彼は警察署の中にいた。頭が痛くて何も思い出せない。

「君は昨日、一緒に飲んでいた機長を殴り、現場へ向かった警察官にも平手打ちをしたんだよ。」

説明されてもなんのことだか、さっぱりわからなかった。

わかっているのは、非常にマズイ状況に置かれているということ。自分のせいで便が欠航したということを知らされた。

会社を解雇されるのか?

テレビ局が欠航の件を取材しているらしい。

ニュースにもなってしまう。解雇どころでは済まないかもしれない。損害賠償を求められるかもしれない。

家族になんて言おう。ーー

 

そして、この副機長さん。

酒に酔って暴れるのは初めてではなく、2度目だそうです。1度は許してもらえても、2度目は難しいのではないでしょうか。

 

お酒はやめるのが難しいかもしれません。

でもラッキーなことに、私はもうそのスタートをきっていて、2ヵ月以上もお酒を飲んでいない。やめるのに、一番辛い時期(禁酒のスタートから1週間程度)も、とうに超えている。

 

なんだ〜何も悩むことなんてなかったんだ!

また禁酒の日々を楽しんでいこうと思います。

今日はスマホからの公開なので、ちゃんとできるかドキドキです。

 

ではでは〜!

 

 

【体重報告】まずい、お酒の誘惑が襲ってきました

こんにちは!夢子です。

いつもブログに遊びに来ていただいてありがとうございます。

目次:

 

体重の変化

4/20のスタート当初、48kgだった体重は……?

禁酒スタートから69日目現在、2ヶ月と1週間で、44.0kgになりました!

 

yumecox.hatenablog.com

 

や、や、や、痩せた!

4kgも痩せた!運動もしてないのに!(しなさいね)

温泉やスーパー銭湯などの入浴施設が好きなので、お風呂へはよく行くようになりましたが。

これも、禁酒して「帰って酒を飲まなくては!」と思わなくなったからでしょうね。

ただですよ、ただ、これは、そうですね。

胃痛だから痩せたんです。

そう、胃痛問題は終わっていなかったんです。

 

人生の新たなステージ

結婚離婚再婚を経験し、

もうそろそろ安穏とした生活を送りたい、と切に願っている私。人生の新たなステージに踏み出した訳ですが、新たなステージには、新たな壁が立ちはだかっているもんなんですね、人生の諸先輩方……!

やはり私はまだまだ甘ちゃん。

考えてみたら、ハリーポッタードラゴンボールも、そうでしょ?

新たな局面には、新たな課題や新たな敵がいるもんなんですねぇ。はぁ、しみじみ。(遠い目)

しかも、そのステージごとにラスボスなんていたりしてね。(ヒィィィ!)

まぁ、これは困難レベル3とか4の問題です。

たいしたことじゃない。(と言いながら胃痛になっている私。もうただの強がりです(笑))

ただ今回は、《一瞬辛くて終わるインフルエンザ的な課題》ではなくて、

《慢性的な腰痛持ちになりましてのような、持病みたいな課題》に今直面しています。

時間がかかると胃にくるみたいです。瞬間的に終われば体にも現れないんでしょう。

ここらへんはなるべく客観的に自分を見ないとな、と思っています。だいぶできていないですが……オーマイガッ!

けれど、今書くのはフェアじゃない。

面白おかしくユーモアたっぷりがモットーなので、自分の中で消化できてから、

いいネタに成長するなこれは!と思えれば書こうと思います。

とりあえず今は課題のクリアだ!

 

 

ストレスからお酒を飲むと太る

以前の私なら、辛いことがあるとお酒を飲んで忘れようとしていました。

私はストレスがかかると太るタイプだと思っていたのですが、痩せるタイプだと言うことが判明。

 

ストレスがかかる→太る

ではなく、

ストレスがかかる→お酒を飲む→太る

という構図だったんですね。

なるほどな〜。

できれば健康的に痩せたかったけど、せっかく痩せたし、現状維持を心がけられればなぁと思います。

 

 

 

誘惑が久しく襲ってきやがりました

四六時中マトモな頭でいるのは、いいことなんだけど…

 

私は元来、頑固で真面目な人間、マジメ人間ゴンでごわす。

おそらくイノシシタイプです。集中しすぎてしまい、一点を見つめたらもう最後。猪突猛進して、真面目にそこへ向かっていってしまう。

そうなると、私の長所である(自分で言うかね)ユーモアたっぷりが、活かされないんですよょょ。

例えば。

友人がブラックユーモアをかましたとします。

《お酒を飲んでいたときなら》

「わっはっはっ!」と笑い飛ばして、さらにその上をいくブラックユーモアをかませました。

嫌味を言われても、カチンときても、お酒が和ませてくれていたのも事実。

和ませてくれていたと言うより、頭がバカになっているからマトモに取り合って真面目に考えなくてよかった。

 

《お酒を飲んでいない、今は》

そのブラックユーモアひとつひとつ、

嫌味のひとつひとつを真面目にマトモに取り合って、正論で論破してしまおうと思ってしまうんです。

流せない。せっかくの私の(オッサンよりの)ユーモアセンスが台無しです。

 

お酒を飲まないということは、

私の頭が四六時中、マトモであるということ。

そのメリットは十分感じていますが、「マトモ・正論=正解」ではないのかもしれないと思ってしまいました。

 

飲み会に誘わるけど、断られる

そしてやはり、飲み会には誘われません……泣

先日、「ワイン会っていう会があるのだけど、来ませんか?」とお誘いがありました。

名前の通り、ワインを飲む目的の集まりです。

なんとその参加条件は、「ワインを一本、一人で空けられる人」。

そう、以前の私のような(笑)

誘ってくれた人も、私を酒飲みだと知っていて声をかけてくれたのです。

でも、もう私はお酒をやめてしまいました。

「あ、今実はお酒をやめていて。ジュースでの参加はありですか?」

と聞いたら、

「ジュースはないかもしれないなぁ、またお酒を再開したら一緒に行きましょう!」

と。

その時、「いえ、もう飲まないつもりなんです。」と言えなかった。

せっかく誘ってくれたのに、逆に申し訳なかったのです。

これは、寂しいなぁと思ってしまいました。

 

タバコはやめるのは辛いですが、思い切ってやめてしまえば、周りの友人や環境が、禁煙を後押ししてくれます。

今はどこへ行っても堂々と吸える時代ではなくなってしまいました。

 

しかし、お酒はどうでしょう?

お酒にはあらゆるところに、《根強いお酒ファン》がいて、至る所に「お酒飲んでもいいですよ〜」という場所が提供されています。

この記事でも書きましたね。

↓↓↓

 

yumecox.hatenablog.com

 

家族や親戚で集まったときも
「次はワインにしよっか!赤にする?白にする?」とか
「今日は暑いし、赤でも冷やしていい?」とか
「このワイン、おいしいね〜!」
なんて会話を繰り広げられると、
むむむ、なんだかこれも寂しいなぁ、と思ってしまいました。
 

かと言って、お酒は飲んでいません!!

せっかくここまでやめてるんですしね。

「お酒を上手く活用したい→でも私は節酒ができない人間である→また飲み過ぎてお酒で失敗する」

この構図はわかってるんです!そう、頭では……。

 

この「お酒って、もしかしたらいい面もあったのかも?」を解決したいのですが、何かいい案はありませんでしょうか??

と質問させていただいて、今日はここまで!

ではでは〜!

 

ツイッターはじめました*

@yumecox
ツイッター超初心者なので、よかったらフォロー&いろいろ教えてもらえると嬉しいです。

 

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ    

ただいま、ブログ初心者の夢子は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければ嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

 

こちらの記事もオススメです

 

yumecox.hatenablog.com

 

 

「なんの苦も無くやめられた」チャンピックスでタバコをやめた上司

こんにちは!夢子です。

いつもブログに遊びに来ていただいてありがとうございます。

目次:

チャンピックスでタバコをやめると辛くならない?!

さて、先日、会社の上司からこんな発言が。

「タバコは禁煙外来に行ってやめたよ、今から8年前かな。チャンピックスっていう飲み薬で。なんの苦も無くタバコをやめられたよ。

 

まままま、マジですかい?!

マジメ人間の私は、タバコのあれこれをノートに書き書き……。

禁煙時の体や心の変化、感想(いわゆる禁煙日記)もノートに書き書き……。

「辛すぎて辛すぎて……」というわけではなかったですが、かなり試行錯誤していました。

どんなことを考えていたのかって?例えば、こんなことです↓↓↓

 

yumecox.hatenablog.com

 

yumecox.hatenablog.com

 

yumecox.hatenablog.com

 

 

上司が言うには 

現在63歳(推定)の上司は、おそらく二十年以上吸っていたタバコを55歳(推定)でやめました。禁煙外来ってそんなによかったのか!お金をケチらずにチャレンジする価値ありだったんだ!

上司の話をまとめると以下のようになります。

 

  • 病院に行って、まず先生の前で署名をした。(普通の診察って感じじゃなかったんだよ~と話してくれました。)
  • チャンピックスを処方してもらう。
  • 保険適用になった。
  • チャンピックスを服用しながら、はじめの1週間はタバコを吸ってもよい。
  • チャンピックスを服用していると、タバコがだんだんまずく感じられる。
  • 最初の1週間でだんだん「あれ?俺はこんなまずいものを今まで吸っていたのか?」と思った。
  • 「まずい!」そう思ったことですんなりやめられた。
  • 何の苦もなかった。

 

チャンピックスで禁煙されている方! 

こちらのもっちゃんさんも、チャンピックスで禁煙にチャレンジされています。
 ↓↓↓

mocchan.hatenablog.com

 

チャンピックス服用開始のときのお話も参考になりました!

こちらの記事によると、初回の診察料1,740円 + 薬代2,090円 = 合計3,830円

 ↓↓↓

mocchan.hatenablog.com

 

「禁煙で時間が増えた!」メリットはこんなところにもあったんですね!

 ↓↓↓

mocchan.hatenablog.com

 

 

チャンピックスに関する詳細はこちらから。
 ↓↓↓

sugu-kinen.jp

 

こんないいものがあるのなら、私も試してみたかったな~。

「今から禁煙するぞ!」という方は、検討されてみてもよいかもしれませんね!

ではでは~!

 

ツイッターはじめました*

@yumecox
ツイッター超初心者なので、よかったらフォロー&いろいろ絡んでもらえると嬉しいです。注意※使い方、全くわかっていません。

 

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ    

ただいま、ブログ初心者の夢子は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければ嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑