夢子の禁酒禁煙ブログ

禁酒禁煙に取り組むブログ。「はっ!私、悪い夢を見ていたんだ。」と気付きました。お酒もタバコもやめたら、人生すっきりしました。そして、日常の他愛ないことの記録。

お酒を飲まないと、本来の自分に戻れない?

こんにちは!夢子です。

いつもブログをお読みくださりありがとうございます。

気付いたら、6/20で禁酒から2ヵ月経ちました~!ひゃっほーい!

目次:

お酒を飲むとニコニコするのは一見いいことに思える

私の主人は毎晩、晩酌をします。

私が禁酒を開始するとき、主人には「一緒に禁酒しようと誘わないから」と明言してありました。なので、晩酌自体はしてもらってかまわないんです。

主人自身が「お酒はストレス発散になる」と信じ込んでいるのに無理やり取り上げると、よくありません。

彼も飲んだ方が、気分もよくなってニコニコしてますしね。

ニコニコ……。

そう、それがちょっと不安なんですよ。

 

 

お酒を飲むと本来の自分に戻れる?

私の自慢の主人(夢子、いつまでそう言っていられるかな(笑))は、

とても、いいひと。そう、「ザ・いい人」です。

その主人がしばらくお酒を飲まない期間がありました。

ほんの二、三日程度だったんですが、その期間、彼はほんの少し不機嫌そうだったのです。

仕事の試験勉強に追われていたということも、もちろんあります。

けれど、今までもお酒を飲まないとき、彼はほんの少し不機嫌になってしまうんです。

声を荒げるとか、八つ当たりするとかではないんです。

むすっとするとか、元気がない、と言った程度。

そこで、私は考えたんです。

「もしかしたら、主人も“お酒がないと、本来の自分ではない”と思っているのかも?」と。

 

《パターン1》

お酒を飲む。

 ↓

気分が良くなる、ニコニコする。

 ↓

「これが本来の自分の姿だ。」と思う。

 

 

《パターン2》

お酒を飲まない。

 ↓

ソワソワ落ち着かない、イライラする。

 ↓

「お酒を飲んでいないせいだ。」

 ↓

「お酒を飲まなければ、イライラを解消できない。」

 ↓

「お酒なしでは本来の自分に戻れない。」と感じてしまう。

 

 

もしかしたら彼も《パターン2》になっているのかと思うと、ちょっと不安です。

 

ちなみに、主人は量を飲む方ではありません。

私の飲酒時代に比べれば、相当かわいらしいものです。

でも、上の構図に当てはまっているのならば少し注意が必要だと思うのです。

人間は「お酒を飲んでいないときが、その人本来の姿」です。

生まれてから二十歳になるまで、お酒を飲まないんです。(法律をちゃんと守っていれば)

《お酒を飲めるようになった二十歳までは、自分本来の姿ではなかった》なんてことはないはず。

小学校時代も、中学のときも、高校のときも、お酒なしで毎日過ごせていました。

それが当たり前でした。

お酒を飲み始めてしまったから、「自分はお酒がないと楽しめない」そんなふうに思うようになってしまっただけだと思うんです。

まったくお酒を飲んだことがないと言う人や、お酒が体質に合わないという人は、

「お酒がないと、本来の自分ではない」なんて考えません。

 

 

お酒なしでは生きられない?!

「お酒を飲まないと、本来の自分に戻れない」という考えが、エスカレートしていってしまうとどうなるでしょう?

  • 昼間もお酒を欲しがります。
  • 仕事にも行きたくありません。
  • 何をするにもお酒が必要になります。

けれど、お酒は脳の働きを悪くさせます。

  • 酔っぱらうとまともな字が書けません。
  • メールの返信も億劫です。
  • 料理をするにも手間取ります。
  • 掃除なんてしないでしょう。

さらに進んでいくとどうなるでしょう?

  • お酒を飲まないと不安でたまらない。
  • お酒を飲まないと生きている気がしない。
  • お酒なしでは生きられない。

上記は、とても極端な例です。

しかしお酒を飲むひとは、全員がこの危険性をはらんでいると思います。

要は、お酒に依存している度合いが軽いか重いかの違いです。

 

 

依存度はどのくらい?

 

以下は、①から順に、依存度が重くなるように書いてみました。

 

①   酒がなくても生活に何の支障もない

②   酒があれば楽しいかもしれないとは思うが、無くてもよい

③   飲み会などで、たまには酒を飲む

④   週末だけ酒を飲む

⑤   平日、週末に関わらず、酒を飲む

⑥   今日はやめよう、と思っていても酒を飲んでしまう

⑦   酒の節酒量や頻度が多いが、自分でコントロールができない

⑧   昼間から酒を飲んでしまう

⑨   酒が原因で人との約束を守れなかったことがある

⑩   酒が原因で仕事に支障を来した

⑪   酒を飲むと、性格が変わる

⑫   酒が原因で家族に迷惑をかけている

⑬   酒を飲むと暴力的になる

⑭   酒が原因で仕事を辞めた

⑮   酒が原因でアルコール依存症の施設に入所した

 

 

飲酒時代の私は、「⑦酒の節酒量や頻度が多いが、自分でコントロールができない」

または「⑧昼間から酒を飲んでしまう」です。

ごめんなさい、嘘つきました。

「⑨酒が原因で人との約束を守れなかったことがある」もあります。いや、

「⑩酒が原因で仕事に支障を来した」もありますね……。

 

そんな私も最初は

「①酒がなくても生活に何の支障もない」からスタートしています。

三十路の私にも、未成年という時代がちゃーんとありました。

けれど、①からスタートして、10年ちょっとで⑩まで辿り着いてしまいました。

この先飲み続けていくと、いつかは

「⑮酒が原因でアルコール依存症の施設に入所した」

という最悪なゴールに辿り着いてしまっていたかもしれません。

もしくは、体を壊してそれ以上飲めない体になっていたでしょう。

 

「お酒を飲む」というスタートラインに立ってしまった全員が、

⑮のゴールを知らず知らず目指してしまっているということをお忘れなく……。

 

アルコール依存度チェックはこちらから

↓↓↓

 

yumecox.hatenablog.com

 

 

 

量や頻度をコントロールできれば問題ではない?

「たまには飲んだら?」と言ってくれる友人がいますが、

友人たちが私に求めているのは、前述した項目のなかでも

「③飲み会などで、たまには酒を飲む」

のような状態なのでしょう。

 

私も身に覚えがたくさんありますが、酒飲みは周りの人間に酒を飲ませたがるんです(笑)

過去の自分、あれはよくないよ(笑)

私も、「毎日ではなく、たまに飲んで、少しの量で満足できればなぁ」なんて思っていたことがありました。

でも私はいくつもの節酒作戦に失敗していますし、

結局、毎日飲んで量をコントロールできないドリンカーに逆戻りしてしまいました。

詳しくはこちら↓↓↓

 

yumecox.hatenablog.com

私は、お酒の量も飲む頻度も、全くコントロールできなかったのです。

 

 

お酒ってまずいもの、と思い出すようにしています

私が最後に飲んだお酒は、「ジンのストレート」。

あれって鼻にツーンときて、むせますね。ひどい味でした。

ひどい味を脳に記憶させようと、わざと最後の1杯にジンを選んだのです。

今でも、「あれ?なんだか少し飲みたいかも?」

と思ったとき、あのひどい味を思い出すようにしています。

最後の1杯の儀式が書かれている本はこちら↓↓

毎度おすすめの、禁酒セラピーです。

 

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

 

 

「薬みたいな味のお酒」を進んで飲む友人

昔、「チンザノ・ロッソ」とかいうお酒を飲んでいる友人がいました。

どんな味?と聞くと、「薬みたいな味。」との答えが。

一口もらってみると、本当に薬品のような味と匂い。

ジンのストレートにライムを絞って、グラスのふちに塩をつけてある、

確かそんなお酒でした。(おぼろげな記憶ですみません)

一口飲んでみたら……?「うぇ」となる味でした。

「私も酒飲みだけれど、この友人は私の上をいく酒飲みだな」なんて当時は考えていました。

友人がチンザノロッソを飲んでいるのはどうしてでしょう?

強いお酒を飲むのも大人の楽しみだから?

格好いい雰囲気を演出したいから?

その味が好きだから?(でも薬みたいな味ってことは、友人もわかってます)

 

もちろん、そういう理由もあるでしょう。

けれど結局のところ、お酒を飲むのは「酔いたいから」にほかなりません。

酒に酔う状態を、持続したいから。

でも、「酒に酔う状態になりたい」という気持ちは、アルコールに依存しているから起こるんですって。

私もなぜかお酒を飲み始めると「早く酔わなくては」という強迫観念にも似た衝動に駆られ、ペースが上がっていました。

「早く酔わなくては」と思いながら飲むということは、

「味がおいしいから」とか、「大人の楽しみだから」なんて関係ないってことですね。

  

ということで、今日はここまで。

お読みいただきありがとうございました!

ではでは~!

 

ツイッターはじめました*

@yumecox
ツイッター超初心者なので、よかったらフォロー&いろいろ教えてもらえると嬉しいです。

 

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ    

ただいま、ブログ初心者の夢子は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければ嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

本【女性の品格】「ゴールデンルール」を守ったら人生変わった話

こんにちは!夢子です。

いつもブログに遊びに来ていただいてありがとうございます。

今日はオススメの本の話。

ご多分に漏れず、離婚ネタでちょいちょいふざけてますが、(エヘ)

最後までお付き合いくだされば嬉しいです。

いまさらオススメしてもいいですか?「女性の品格」

私のオススメはこちら!

じゃーん!坂東眞理子著 「女性の品格」

平成18年初版、だそうです。スミマセン、何年越しのオススメなのやら(笑)

 

女性の品格 (PHP新書)

女性の品格 (PHP新書)

 

もうこの本、好き、好き、大好き!

坂東さんの出身が私と同県だということもあって、なお好きでごわす~。

いけない!愛が溢れすぎて口調までおかしくなってしまう!

 

この本の中に、「ゴールデンルール」という文章があるんです。

 ――自分がしてほしくないことは人にもしないというのは品格ある生き方の基本です。

この言葉から始まる短い文なのですが、私にとっては、何回読んでも泣けてくるぐらい感動的なものなんです。

おかげで私の人生はスッキリし、再構築できたと言ってもいい気がします。

「生き方の基本」とも言える、「ゴールデンルール」。

とても当たり前なことが書かれています。当たり前すぎるくらいです。

皆さんも、もしよろしければ以下に引用してありますので読んでみてください。なにか気づきがあれば嬉しいです。

 

「ゴールデンルール」

以下の文は「女性の品格」からの引用です。

ゴールデンルール

自分がしてほしくないことは人にもしないというのは品格ある生き方の基本です。

殺される、傷つけられる、盗まれるのはみな嫌です。

だからこれらの行為は法律でも宗教でも、厳しく禁止されています。

暴力を振るうのは粗暴以外の何ものでもありません。

ましてや自分より弱い相手に暴力を振るうのは卑怯なことです。

嘘をつかれるのは誰でも嫌ですから、自分も嘘をついてはいけません。

相手が約束を守ってくれないといやならば、自分も約束を守らなければなりません。

人にバカにされるのは嫌ならば人をバカにしないように振る舞わなければなりません。

威張られたり自慢されると不愉快ですから、自分も威張ったり自慢したりしないように気をつけます。

恩着せがましくされるのは誰でも嫌ですから、自分も自制します。

自分が一生懸命話しているのに、自分の話を聞かずに仲間うちで、無駄話をしている人間は、誰でも癪に障りますから、人の話にも耳を傾けなければなりません。

 

引用元:坂東眞理子著「女性の品格」より

 

「自分がしてほしくないことは人にもしない」

たったそれだけです。

 

 

「このルールを守ってみよう!」と決めてみた

「ゴールデンルールを大事にして生きていきたい。」という明確な気持ちが私の中に強く湧きました。

以前は「人が白と言うから白、人が黒と言うから黒」というような、なんとも頼りない私だったのです。

「この言葉の通りに、全てにおいて誠実に取り組んでみよう。」と思ったことで、背筋がピンッと伸び、背筋が一本通った。

そう、私は軟体動物から脊椎動物への進化を遂げたわけです。(シャキーン!)

 

生物学的に言えば、「進化」ではなく「変異」になるのでしょうか?

夢子、突然変異する、の巻(笑)

そのときは綺麗な蝶々がいいな~。

害虫はやめてね~。

 

 

果たして彼はこのルール、一緒に守ってくれる人?

失敗した結婚期間中、悶々と考えていたんです。

「彼(元夫)はこのルールを守ってくれる人かな?いや、違うだろう。」ということを、です。

 

なになに?離婚、知らなかったですか?(また勝手に始まる、このやり取り)

私、過去に離婚しちゃったんですよ~。

今の主人とは再婚です。

……だ、か、ら!

私の妄想結婚じゃないってば!

「『あ~あ、とっても優しい人が旦那さんになってくれたらな~』って、
 またコイツはおかしな夢を見てる」
って……?

「妄想彼氏ならぬ、妄想主人」……?

んなわけないじゃないですかー!

今の主人はちゃんと存在してる生身の人間ですからご安心ください。

脱線してフザけてしまいました、スイヤセーン。

 

前回の失敗した結婚のときですね、

「私はこのゴールデンルールの理念に則って生きていきたいけれど、はて?

この伴侶(前の夫)はどうなのだろう?」

悶々とそんなことを考えていたんです。

 

私がファンである、マスクド・ニシオカさんの記事中に、こんなことが書かれていました。

46taishoku.or-hell.com

おお~!なんかドキッとしました。

そそそ、そう!そうなの!そうなんですよ!

前の主人のことをピタリと言い当てられた気がしました。

《約束を守れない、嘘をつく人間の心理》というものが見事に描かれています。

しかもこの謙虚な中に見え隠れする、マスクド・ニシオカさんの真面目さ!誠実さ!

勝手にファンクラブに入らせていただいたんですが、よろしいでしょうか。

私の勝手なオススメの記事はこちら。

www.maskednishioka.com

 

www.maskednishioka.com

 

 

私の場合ですが、前の夫に大小さまざまな嘘をつかれ、約束も破られてしまいました。

最終的には

「一緒に暮らす人間が信用できない場合、泥棒と暮らしているようなものだ。」

と思ってしまいました。

あらあら、なんて不毛すぎる生活でしょう~。(遠い目)

 

 

だったらなんで結婚したのか?ですか?

よくぞ聞いてくれました!(誰も聞いちゃいない)

だってね!だってね!

彼(元夫)は結婚するときに、

「おれ、悪いところ全部直すから!何でも夢子の言う通りにするから!だから結婚してくれ!」

って土下座までしてくれたんですよ?

これってですよね?

愛以外の何ものでもないですよね?

……え?違うんですか?

 

ハイ。みなさま、もう薄々お気づきでしょう。

私に「人を見る目」が全くなかったことに……。

 

 

 

 

「世界が広がる」の「世界」とは、結局「人」なのかもしれない

もしも、自分の周りに、「だらしない」「不誠実」「信用できない」「粗暴」「嘘をつく」そんな人ばかりがいるのだとしたら?

そこが、今の自分を取り巻いている世界なのではないでしょうか。

自分の世界」とか「世界が広がる」とか言いますよね、その「世界」ってなんぞや?と思ったときに、

「世界」=「一緒に過ごす人」

というのもあるのかなと、ぼんやり考えました。

「類は友を呼ぶ」とはよく言ったものです。

親しくしている人って、自分と考え方が似てませんか?

前述した「不誠実」とか「粗暴」とか、そんな人と親しい場合。

自分にもその要素が少なからずあるんだと思います。

もしくは、相手の欠点を認めなくてはいけないような、自分の弱さがある。

こんなことを言うのは、自分自身に当てはめたときにそう感じたからに他なりません。

私にも弱い部分がありました。

どこって?

「お酒もタバコもやめられない、感情に振り回される、未熟なダメな人間だ」ということです。

それをわかっていたから、私は、お酒もタバコも自分から切り離したかったんです。

 

繰り返しますが、類は友を呼びます。

自分は、今いる仲間たちと同じレベル。

 

「今いる世界」、「今付き合っている人たち」に対して不満を持っているのだとしたら、

それは「自分のレベルを上げるとき」なのかもしれません。

「それまでの仲間に不満を持つこと=自分の考えが変わってきていること」なのかも。

住む世界を変えたいときは、自分がレベルアップするしかないんです。

ただしそれが、悪い世界への誘惑ではないことを願います。

「誠実な人」「信用できる人」が自分のまわりにいてほしいと思うなら、まず自分がそうあるべきなんだと思います。

(と、ヒヨッコの三十路は語る)

ほかに求める要素をあげるとしたら、

「ユーモアがあって、優しくって、常識的で、思慮深くって、真面目で、寛大で……。」

求めることばかり多くなるのが、人の性ってやつですよね~(笑)

ハイ。人を変えたいときは、まずは自分から、ですね。

 

やられたらやり返す?倍返しで自分に返ってくるみたいだけど……

例えばですが、

・彼が浮気した→私も浮気してやる!
・夫が不倫した→私も不倫してやる!

 

実際、よくあるみたいです。

これだと、彼と同じ土俵に立ってしまうことになります。

自分を裏切った彼と、同レベルになるってことです。

自分を貶めても、結局辛い思いをするのは自分です。

もしも、「やられたらやり返せ」的精神で浮気したとしましょう。

 

結果、どうなるか?

 

いやぁ~今年は不倫の豊作年ですね!

ベッキーちゃん、三枝師匠、ファンキー加藤さん、狩野さん、円楽さん、……。

みんな、私の好きな人たち……(泣) 一体、どうしてしまったんでしょうか。

そうです、あんな怖すぎることが起こるんですよ。

不倫や浮気は文化じゃありません。

めちゃくちゃ高い代償を払うハメになります。

そして、不倫はイジメの対象にすらなり得ます。

 

 

人って変わるもの?

人は簡単には変わりません。

私はやっと知りました。

ドラマや映画で、感動的に人が変化していくのを追体験していたからでしょうか。

「人は変わることができる」ということを期待していた節がありました。

残念ながら、違っていたようです。

こちらがいくら「お願い!変わってほしいの!」と思っても、人は変わりません。

どうしたら、人は変わるのか?

その本人が、自分自身で強く思うしかないです。

「自分を変えたい」と思わない限り、いつまでたってもそのままなんだと思います。

そう、私は元夫を変えたくても変えられない、無力なヤツなのでした。

 

 

 

土下座が軽すぎる件

「別れるか?別れないか?」

元夫とそんな話をしていた時期でした。

「変わらなければ、もう一緒にはやっていけないよ。」みたいな話をしていたはずです。

しずかーに、ごくごく冷静に、です。

怒りがMAXに達したとき、人って叫ばないものなんですね。

いや~、あれは「僕のヤバイ妻」の木村佳乃さんばりに怖い女でしたね。

誰って?

そう、私のことです(笑) あの時、私はものすごく冷静でした。

「お互い、もう一回、やり直すにはどうしたらいいと思うか?」みたいな話をしていました。

彼も、「おれの悪いところ全部直すから。言う通りにするから。」と土下座までして……。

あれ?確か、結婚する前もこんなシーンが。
「おれの悪いところ全部直すから、結婚してください。」+「土下座」

  ↓

「おれの悪いところ全部直すから、離婚しないでください。」+「土下座」

 

はて?これは、デジャヴュ?

ははは……。

もう、土下座何回目よ!()

すぐ土下座するような人って、信用できないってことなんですよね、は~あ~。

「直す」、「言う通りにする」と言われても……。

「ああして、こうして」と指示するのは、私の性格には向いてないんですよ。

「も~、大人なんだから自分で考えて、自発的に直してちょーだいよ、子供じゃないんだから。」と思ってしまいませんか?

しかも「では、こうしてください」と言うと、逆ギレされるのが目に見えてました。

(経験アリ)

結局、不誠実なひとって口だけ。口だけは神レベルに上手かったです。

土下座も軽いですし、発言も軽いんです。

私が元夫にできることは、「ゴールデンルール」を子供に諭すように教えてあげることだけでした。

 

ゴールデンルールを元夫に諭してみた結果、思わぬ効能

「相手が約束を守ってくれないといやでしょ?だから、自分も約束を守らなければいけないんだよ……。

嘘をつかれたくないでしょ?だったら、自分も嘘をついちゃいけないんだよ……。」

それを紙に書いて、彼に読み上げてもらいました。(反省文か!)

(ちゃんとこの言葉が沁みてくれたらいいな。)

(おや?なんだか沁みてるみたいだな?)

(うむうむ、これはちゃんと心に沁みてるんだな!)

 

結果、どうなったか?

「……ごめん。お金のことで言わないといけないことが……。」

 

 

 

「おれ、借金ある。」

 

はい?ホワッツ?

 

いやいやいやいや。

今まで散々、嘘ついてきたやーん!

ここで突然、正直になられてもー!()

いや、正直になったってことは、言葉が沁みたから?!

これって思わぬ効能?!

いいの?!悪いの?!どっちなのー!()

夢子、落ち着け!冷静になれ!

 

元夫:「でも、その借金は死んだ親父の借金なんだ。」

夢子:「あ、そうなの?」

(そうか、お義父さんの借金なら仕方ないよね。)

元夫:「おれ、頑張って返すから。」

 

 

母は偉大なり

そして私は実の母に相談。

母:「ねえ、それって本当に亡くなったお義父さんの借金なの?」

そうか!そうだよね、そこから疑わないといけないのか~。

やはり、周囲の人間は冷静に状況を把握できるみたい。

ちなみに母は私の離婚に際し、とてもとてもとても心配し、

最終的には笑い飛ばしてくれた一人ですが、(母は偉大なり)

「お母さんだったら絶対あの人(私の元夫)とは結婚しないわ~!

 だって、からっぽなんだもん!

 やたら贈り物ばっかりしてくれるのも、なんていうか違和感?

 あのひとって、中身のないハリボテって感じ!」

 

ぎゃふーん!!

母から見たら、彼そんなふうな人間だったのね!

 

てゆうか、母よ!私の結婚、止めようよ!

「でも、夢子が決めたんじゃ、しょうがないでしょ?」

そうだよね、そうなのです。

私は親の言うことを素直に聞ける娘ではなかったのですから……。

とても残念だ。

自分自身に対して、大変残念に思う。

周囲の大人、特に親からの助言はとても大事ですね!

 

 

 

 

 

 

嘘には嘘を重ねることになる

借金の出所の確認をし、裏を取ります。

果たして、彼の亡くなった父には借金はあったのか?

元夫の祖母と、元夫の母にそれぞれ確認したところ、

二人とも

「え?借金?誰の?なにそれ?聞いたことないよ?」

 

ぎゃふーん!また嘘かい!

もう、どれだけ嘘つくの!

ダメよ~!ダメダメ!(古いな)

「ゴールデンルール」はどうしたの!

教えたでしょ!

自分がされたらいやなことは、人にもしちゃダメだって!

もう、メッ!!

 

どうやら結婚した時点で、彼には借金があったのでした。

義父の借金ではなく、彼本人の、ギャンブルの借金。

それを見抜けなかった私の眼は、節穴以外の何物でもないでしょう。

結婚当初は、「家も建てたいね、子供もほしいね」なんて言っていたのに。

なぜか途中から、「家も無理、子供もいらない」と言われたのでした。

謎でした。

その謎、ようやく解けました。

・家を建てる?→借金のため、ローン組めないから無理

・子供を産む?→お金がかかるから無理

最初と言うてたことと違うやん!

結婚詐欺やーん!()

基本的に私は単細胞。

言われたことをすぐ鵜呑みにしてしまう、悪い癖があります。

嘘をつかれても、嘘だとわかりません。(アホだから)

学生時代から、「夢子はちょっと抜けているところがある。将来、高額な壺を買わされそうだよね。騙されやすいから気を付けて。」と言われてきました。

壺は買わされなかったけど、私やっぱり単細胞だったんです。

 

友人たち、どれだけ私のことわかってくれてたの!予知ですか!怖いよ!

 

 

一度目の失敗は許してもらえるが、二度目はない

というわけで、結婚に失敗してしまった私です。

この失敗により、自分に人を見る目が全くないのだということを痛感しました。

ちなみに、世の中には「悪い男」ならぬ「悪い女」という人種もいます。

男性のみなさん、お気をつけて。

 

さて、失敗した私はどうしたか?

「人を見る目を養うにはどうしたらいいか」を勉強したんです。

そう、元来私はマジメ人間。

マジメ人間、ゴンなのです。(はじめ人間ゴン、知ってます?)


本を読んだり、ネットで「人を見る目とは」とか「ダメな男とは」的なことを検索してみたり。

いいですか!(くわっ!)

失敗からは、必ずなにかを得なければいけません!

なにも得なかった場合、また同じ失敗をしてしまいます。

 

たとえ、まわりの人たちが一度目の失敗は許してくれても、

二度同じ失敗をすると、完全に飽きられます。

また、変な男をつかまえてみてごらんなさい。(男性の場合は、変な女ね)

「夢子って本当に見る目ないね~、大丈夫?」

と心配され、

「前に失敗したのに、全然懲りてないじゃない。」とため息をつかれてしまいます。

まわりの家族や友人も、そうなったらもう誰も助けてはくれません。

「もう、夢子はどうしようもない。あいつは何も学んでない。

あいつはダメだな、もう一生変わらないよ。知ーらない。」

愛想をつかされてしまいます。

そんなのはイヤだー!

そう、それはどうしても避けたかったんです。

なので、勉強しました。(ガリガリガリ)

 

禁煙の手段はこんなところにも役立った

さて、どうやって勉強をしたか?

本を読んだり、ネットを検索してみたり。

自分に足りない「人を見る目」なるものを補おうとしました。

 

考え方を順を追ってみてみましょう。

 

・私には人を見る目がない(問題提起)
→人を見る目を養いたい(願望)
→人を見る目とはどういうこと?知識を身につける(学習)
→ノートに書きだす(整理)
→今までの彼氏遍歴をさかのぼる(経験から考察)
→私の考え方は、ダメな男に引っかかってしまうタイプの考え方なんだと知る(発見)
→そうならないために、どうすればいいかを考える(試行錯誤)

……繰り返し

 

ちょっと待った!

この手法は……禁煙成功したときにソックリ!

 

・タバコはよくないもの(問題提起)
→禁煙したい(願望)
→禁煙成功させるにはどうしたらよいか?まず、知識を身につける(学習)
→ノートに書きだす(整理)
→今までどんな場面で禁煙に失敗したか、さかのぼる(経験から考察)
→「吸いたくなる」場面が細かなところに潜んでいると知る(発見)
→そのときにどうしたら「吸いたい気持ち」を乗り越えられるかを考える(試行錯誤)……繰り返し


おお~!見事にちゃんと生かされてますね!

私の座右の銘が、このとき決定したみたいです。

「失敗は成功のもと」

 

私のまわりはいい人ばっかり?皆さんの周りは?

私はできるだけ多くの人の話を聞いたり、知らない世界を見てみたいな、とは思います。しかーし!

信用できる人間かそうでないかは、きちんと自分で選ぶべきなんだと学習しました。

パートナーや友人、仲間と呼べる人たち。

周りにいらっしゃる方たちは、みんないい人たちですか?

こんなブログの読者になってくれる方って、きっといい方たちばかり。

なので、みなさんの周りもきっといい方たちばかりなのでしょう。

 

私は、正直、誰と会ってもたいてい全員が「いい人」だと思っていました。(アホだから)

友人は全員いい人、パートナーもいい人、パートナーの友人たちもいい人……。

一度や二度の面識でも、挨拶を交わしただけでも、

「あの人いいひとだね」という始末。

ちなみに、元夫の友人も、ギャンブルで借金する人でした。(類は友を呼ぶってこのこと!)

その人に対しても、私は「いい人」だと言っていました。(アホだから)

 

『生まれながらの悪人はいない。私が出会った人は、みんないい人ばかりだ。』

ずーっと、このような「性善説」を信じていたんです。

また、親や先生たちから、

『人に親切にしなさい、困っている人がいたら助けなさい。』と教えられてきました。

 

さて、《人を見る目を養う勉強》をした結果、どんなことがわかったか?

 

  • 『悪人は、善人の顔をしてやってくる』
  • 性善説を信じすぎていると、人を見誤るもと』
  • 『人に親切にするように教えられてきた人間は騙されやすい』

なんですって……。

 

 

「付き合う人間を選べって、そうゆうこと?!」

気付いたときは二十代後半。こんな大事なこと、道徳の教科書に書いておいてもらえませんかね?

はぁ~、学習できるまで、めちゃくちゃ長かったよ~。

 

 

ケロッとしすぎた私、ケロッピになるかも

「結婚なんてもうこりごり!」

と豪語していた私ですが、離婚から二年後、あっさり再婚する私。

ケロっとしすぎだなぁ。もう、ケロッピだな。(カエル、知ってます?)

 

今の旦那ハンはとてもいい人。(自分で言うかい)

幼馴染ですから、両親もよく知っています。

私が今の主人と付き合い始めたとき、

「結婚、不安すぎる……。」と周囲によくもらしていました。

が!

両親、私の友人、当時の保育園の先生、彼の友人、彼の会社の人、近所のオバチャンに至るまで……。

皆が皆、口を揃えて「あの人はいい人だから、大丈夫!」とか

「彼、いい人だよ~!とっても優しいでしょ~!」と言って、

太鼓判を押してくれる。

ちなみに彼の小学校の通知表をちらと見せてもらったことがあるのです。

先生のコメント欄「素直で温厚、協調性があって真面目に授業に取り組んでいます」

ほお~!「ザ・いいひと」(ぽわぁぁぁ。神々しい光。)

人の性格ってそう簡単には変わりません。

子供の頃の性格って、大人になってからの人格形成の基となっていますからね。(そう、これも勉強して学んだこと)

私に見る目がないのは十分わかってますから、みんなが推してくれるなら何より心強い。

 

それに、

「ザ・いい人」に毎日、「ホワチャァ~!カンチョー!」と

イタズラをしかける日々は楽しいですよ。(こら、やめなさい)

 

 

 

まとめ

自分の失敗を「暗い」「憂鬱」「じめっとしてる」

そのままで終わらせたくなくて、書いてしまいました。

この失敗、絶対に、いつか笑い飛ばしてやろうと思ってました。

「離婚」=
「いわくつき」「なにか問題がある」「近寄りたくない」「不幸」「ドロドロ」「聞くに聞けない」「デリケートすぎる話題」「重すぎる」「怖すぎる」「暗い」「憂鬱」「じめっとしてる」「血痕」……。

(前回、「血痕!」とコメントしてくださった方がいて、思わず声を出して笑っちゃいました。)

離婚って、いろんな負の要素が思いつきますよねぇ。それは仕方ないことです。

私としては「離婚できてよかった~」と思えますが、

そんな私ですら「離婚」という文字を見たら、負のイメージをわんさか思い付いてしまいます(笑)

でも、どんな悲惨な出来事でも、笑えるツッコミどころもたくさんあるのかもしれません。

「チョット!それないわ!」みたいな場面もたくさんあるし、

今考えると「あのとき気づこうよ!あ~私間抜けすぎてウケる!」ってなるんです。

 

「離婚=再出発」

「結婚も離婚も、幸せになるためにするもの」

 

ブラックユーモア満載で、元夫のことをこきおろしていますが、

クスリと笑ってもらえれば、私の結婚失敗も浮かばれます。

※ただしこれは一個人の、ごくごく個人的な考えでしかありません。不愉快になられた方がおられたら申し訳ない。ゴメンナサイ。 

 

「女性の品格」には「品格のある言葉と話し方」という章もあります。

そう、《品格のある、言葉と、話し方》……?

え?もしかして、この記事、まずいですか?

 

スイマセン!言葉が乱れているのは、私なりのユーモアです!お許しを!

ということで、強制終了!退散いたします!

次からはちゃんと、「禁酒禁煙」ネタ、頑張って書こうと思います。

 

 

ではでは~!

 

ツイッターはじめました*

@yumecox
ツイッター超初心者なので、よかったらフォロー&いろいろ教えてもらえると嬉しいです。

 

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ    

ただいま、ブログ初心者の夢子は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければ嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

困難にぶち当たったとき、タバコは助けになってくれる?

こんにちは、夢子です!

いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます!

今日のお題はこちら。

「困難にぶち当たったとき、タバコは助けになってくれるか?」です。

 

f:id:yumecox:20160619183238j:plain

目次:

こんな困難ってあるよね

 

例えば

  • 友人や家族とのケンカ
  • 目上の人からのきつーい叱責
  • 仕事がうまくいかない
  • 難しい試験に受かりたい

などなど。

小さなことから大きなことまで、数え始めるとキリがありませんよね。

今回は、ノンスモーカー編・スモーカー編に分けて、それぞれの困難に対する対処の方法を見ていきたいと思います。

 

①ノンスモーカー編

さて、例えば、目上の人とケンカをしてしまったとしましょう。

相手の顔を立てなければならず、「うわぁ!これは乗り越えられそうにないほど、高い壁だな!」と思ってしまったとします。

どうすればいいか?

  1. 何が関係を悪くしているのか、原因を探る。
     ↓
  2. 人に相談し、自分はどうするべきか適切なアドバイスをもらう。
     ↓
  3. 受け入れがたいアドバイスでも、逃げ道(タバコ)がないので、アドバイスを試してみようと勇気を出す。
    (ちなみに、タバコへの逃げ道は袋小路。なんの解決にもなりません。)
     ↓
  4. 決断すると、うまくいくような気がする。
     ↓
  5. 冷静に、当事者で話し合う。
     ↓
  6. 必要であれば、きちんと謝罪する。
     ↓
  7. 相手の態度が硬化しているなら、どう話せばいいかを考える。
     ↓
  8. これからもお互いが良好な関係を保つために、穏便に解決を図る。

 

などが、あると思います。知恵を絞って行動する、いわば大人の対応ですね。

これはノンスモーカーの人がする対処の手順ですが、安心してください。

悪いことは、スモーカーにもノンスモーカーにも平等にやってきます。

 

 

②スモーカー編

上記と同じ例で説明しましょう。

目上の人とケンカをしてしまったとします。

 

  1. タバコを吸う。
     ↓
  2. とりあえず、タバコを吸って不安感がなくなったので、問題に対する危機感が薄くなる。(精神的には、楽になったように感じる。)
     ↓
  3. 問題が先延ばしになる。時間も経過してしまう。
     ↓
  4. 人に相談してみる。
    けれど、そのアドバイスが聞き入れがたいものだった場合、
    タバコを吸って、また行動を先延ばしにしてしまう。
     ↓
  5. 話し合いには行かなければいけないが、ついタバコに手が伸びる。実際は違うのに《タバコだけは自分を傷つけない、守ってくれる味方》のように感じる。
     ↓
  6. 先延ばしにした分、問題は大きくなってしまう。
    問題解決には、スピーディーさ、素早い行動がとても大事な場面があるが、ここでタイミングを逃してしまうことも。
     ↓
  7. 謝りに行くにも、時間が経っているので、「今更行っても……。」という気になってしまう。
     ↓
  8. こうなってしまうと、人に相談することも辛い。
    「もっと早くに話し合っておくべきだったのでは?」なんて言われると最悪。
    そのときは何をしていたか?
    そう、タバコを吸っていたのです。

 

タバコは問題解決の手段として有効か?

タバコは本当に問題解決になるのでしょうか。

私の一個人の意見を述べさせてもらうと、

  • タバコは、人を臆病にする。
  • タバコは人から自信を失わせる。問題がより複雑に、巨大に感じてしまう。
  • タバコは勇気を与えてくれない。むしろ、奪っていく。

 

解決のために問題に立ち向かわなければいけないのに、タバコは甘い誘惑で逃げ道を用意してくれるのです。
でも、気を付けて。その逃げ道は袋小路です。
問題解決には、全く繋がっていないのです。

 

 

タバコが与えてくれるものって?

そして、タバコは「甘い誘惑」「一時的に心が軽くなる状態」を提供してくれるかもしれませんが、
代わりにあなたから「健康」「お金」「自信」「勇気」……ほかにもたくさんのものを奪っていきます。

問題解決から逃げたいという、

子供じみた心を生み出すのは、タバコです。
投げやりの態度を生み出すのも、タバコです。

タバコが甘い夢を見させてくれると勘違いしてしまうのはただ一つ。

「タバコには依存性があり、吸わないと禁断症状が起こる。禁断症状が出ている状態でタバコをすると、禁断症状が和らぐため、《落ち着く、ほっとする、イライラがなくなる》と思ってしまうだけ」

タバコを吸うということは問題に対して、

  • ふて腐れる
  • 拗ねる
  • とりあえず逃げる

という態度をとることなんだと思います。
真っ向から向き合わないで、背を向けて見ないふりをしている。
そんな状態だと思います。

あなたが、もともとどんなに強い人間でも、タバコはあなたをとても弱い人間にしてしまいます。(あぁ、またこんな偉そうなことを言って…失敗だけは人一倍してきたのです。お許しを。)

 

胃が痛いときって、あるよね


問題にぶち当たったとき、胃が痛くなることはないですか?

私はよく胃が痛くなります。ストレスが胃に来るとは、このことでしょうか。

けれどそんなとき、タバコを吸うと、もっと胃が痛くなりませんか?

これは私の経験則からの話です。

もういっそ、胃潰瘍で入院してやろうかと、自暴自棄になってタバコを吸います。(え?私だけ?)
いっそ、倒れた方が楽なのではないかと、子供じみた考えが浮かびます。(子供が仮病をする気持ちね)
この態度は、問題からの全力逃走です。

今も胃が痛くなることはあります。
けれど、タバコを吸うともっと痛くなると思うんです。
辛いことがあって胃の痛くなる思いをしても、タバコを吸っていない今のほうが、何倍もマシだと思えるんです。

 

 

 

タバコは強い人間を、弱くさせてしまう

 

誤解のないように言っておきますが、

ストレスの原因から離れるというのも、立派なひとつの手段です。
それでしか、自分を守れないことは少なからずあります。

例えば上司がとても嫌な奴な場合。

その上司が、理不尽で無理な要求、常識を逸脱した行為を行っているのなら、
然るべき手段を踏んで、離れるべきです。

そのときも、

  • 一度、別の上司に相談する。
  • 会社の人事に掛け合ってみる。
  • 状況が深刻なら、弁護士に相談するなど法的手段も考える。

(訴えなくても、専門家のアドバイスは役立ちます。なにかあったときのお守りみたいなものです。)

そうした中で、第三者が解決の場を設けてくれるかもしれません。

そのときも、タバコを吸って問題を一時的に棚上げしていたのでは、問題解決が遅くなってしまいます。

タバコを吸っても問題は解決しません。

タバコを吸うというのは、「問題からの逃げの態度」です。

 

問題解決に必要なのは「知恵」「勇気」「情報」「スピーディーさ」

問題解決の邪魔にしかならないものは?「タバコ」です。

 

というわけで今回はここまで!

ではでは~!

 

 

 

ツイッターはじめました*

@yumecox
ツイッター超初心者なので、よかったらフォロー&いろいろ教えてもらえると嬉しいです。

 

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ    

ただいま、ブログ初心者の夢子は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければ嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

 

こちらの記事もオススメです

 

yumecox.hatenablog.com

 

 

【ブルーマンデー】月曜日にしてはいけない、9のこと

こんにちは!夢子です。

いつもブログをお読みくださりありがとうございます。

さて、先週こんな記事をUPしました。
「月曜日は憂鬱なもの。そんな時、なんとしてでも会社へ行く方法」なるものです。

  ↓↓↓

yumecox.hatenablog.com

上記の記事では、「月曜にこんなことしてみたらどう?」、「あんなことしてみたらどう?」という提案をさせていただきました。 

今回は、その逆の提案です。
月曜は、ただでさえ休日の遊び疲れが出やすい日。

そこで、
「月曜にこれはやっちゃダメだよ」
「月曜は、これもちょっと控えようか」
というものをピックアップしてみました。

それでは早速、スタート!

 

月曜から、これはやっちゃダメだよ

目次:

1.前日の深酒は危険度MAXだよ

f:id:yumecox:20160612123945j:plain

日曜の夜って休日には変わりないんですが、心行くまで羽目を外せない、何と言いますか、ちょっと独特な時間の流れ方をしますよね。

サザエさん症候群」っていうそうです。私もよくかかってしまいます。

サザエさん症候群 - Wikipedia

日曜の夜はなるべく家でゆっくり過ごしたい。
でもうらやましいくらい、元気な人たちもいるんですよね。
「日曜の夜、外に飲みに行こうよ!」なんて、平気で誘ってくる若者・ツワモノたち。(みんな、なんて若いんだ……。しかも、年代が上でも元気な方っておられますよね、年齢の問題ではないのかしら)
うらやましくなって、「いいよ~!」なんて安請け合いをして、彼らに付き合うと……?

翌日、大変なことになります。

「彼らは若いからいいけれど、私は自分の年を考えないといけないのであった……!」と月曜の朝に、激しく後悔することになるんです。

皆さんも経験がおありでしょう。
日曜の夜は、家でゆっくり、早めに休むようにしたほうが賢明のようです。

 

 

2.二度寝するの?体がだるくなっちゃうよ

二度寝って、とてつもない誘惑ですよね。

「あぁ、あと5分、いや、あと10分……。」 

だめです!起きて起きて!

朝は時間がないんです。慌ててしまう原因になります!

それに、なぜか二度寝してしまうと体がだるくなりやすいんです。

頑張ってお布団から這い出しましょう!

matome.naver.jp

 

 

3.「熱っぽいかも?」熱がないのに体温を計っちゃダメだよ

f:id:yumecox:20160612124133j:plain

月曜の朝、布団から抜け出せずに、

「仕事に行きたくないな~、行きたくないな~。」なんて考えていると、妖怪サボっちゃえが出てきます。

g913.hatenablog.com

そして、耳元でささやいてきます。

『もしかしたら、熱あるんじゃない?本当に熱があるんだったら、仮病じゃないよね?休めるんじゃない?仕事。休んじゃえよ。ヒッヒッヒ』

そして誘惑に負けて、体温測定。
私の場合ですが、熱があった試しがありません。
ピピピピ、ピピピピ。
「36.5℃……。仕方ない、会社に行ってやるか……。」
しぶしぶ起き上がる、あのなんとも言えない虚脱感と言ったら。

熱があるかないかって、自分でなんとなくわかってるんです。
ええ、わかってますとも。
ただちょっと、甘えたくなっちゃうんですよね。

熱がないにも関わらず、体温を計るべきじゃありません。
余計しんどくなっちゃいますから。

(※本当に熱っぽかったら、ちゃんと体温を計ってお医者さんに行ってくださいね!)

 

 

4.携帯で上司や同僚に連絡を取ろうとしないでね

f:id:yumecox:20160612124307j:plain

スマホの画面に上司の連絡先を表示させて、
「うう~ん、掛けるべきか、掛けざるべきか、それが問題だ。」
なんてやってる場合じゃないです。

結局、体調不良でもないのに休めないことはわかっているんですよね。
逡巡するだけ時間の無駄ですから、ここはさっさと動いて出勤準備をしたほうが賢明でしょう。

同僚へも然りです。LINEやメールで
「今日、なんとなく体調がすぐれないんだけど……。」
なんて、連絡を取ろうとしてはいけません。

連絡すると、心優しい同僚たちは必ず、
「夢子、大丈夫?今日は仕事休んだら?」と、なんとも優しすぎる言葉をかけてくれます。それに甘えちゃいけないんですよね~。

なんでそんなことを言うかって……?甘えた経験があるからです、お恥ずかしい。

 

 

5.掃除なんてしないよ

f:id:yumecox:20160612124356j:plain

部屋のすみに、ホコリが……?
危ない!それを見てはいけません!

「掃除機かけないと!」という強迫観念に駆られ、
「あぁもう!時間がないよ!」と焦ってしまう。焦ってもいいことなんてありません。

  • 朝食のコーヒーをこぼす(経験アリ)
  • スマホを落として画面を割る(経験アリ)
  • お財布を忘れる(経験アリ)
  • タンスの角に小指をぶつける(経験アリ)

焦るから、そんなことになるんです!
ですから、月曜の朝から掃除なんてしちゃいけません。(なんて悪妻だ)
掃除は、前日の日曜にしておくようにします。

それでもホコリを見つけてしまった私の、家族そして自分への言い訳は、
「あれ~?昨日やったんだけどな~?」です。
見ないふりして出勤しましょう。

あれもこれも完璧にしようとすると、息が詰まります。

 

 

6.手間のかかる朝食なんて作らないよ

f:id:yumecox:20160612124525j:plain

『なになに?朝からじっくりコトコト煮込んだスープが食べたい……?』
ダメです!いけません!やめてください!そんな危険なこと!!

いいですか!(くわっ!)
何度も言いますが、朝はとにかく時間が無いんです~。
もう、泣いちゃうくらい、無いんです。

朝食は、ご飯とお味噌汁があれば合格点、目玉焼きがあれば花丸をもらってもいいくらいです。(わお!なんて甘い点数の付け方)

心の中では、朝から何品も食卓に並べられる、昭和の母のような人になりたいですし、そういう方たちを本当に尊敬しています。

でも!スイマセン!月曜日だけはご勘弁を!

 

 

7.朝からシャワーを浴びるって、けっこう大変だよ

f:id:yumecox:20160612124648j:plain

朝のシャワーって気持ちいいですよね。
「毎朝浴びるよ~!」なんて方もおられるのではないでしょうか。

シャワーって気持ちよくて、ついつい長い間浴びちゃうんですよね。
頭からお湯をぶわーとかぶって、そのまま1分、2分……。

頭を洗って、5分で済まそうと思っていたのが、10分になり、気づけば15分経ち……。「わ~、時間がなーい!」なんてことも。

それに髪を完全に乾かすのって、けっこうな手間になりませんか?
髪の短い男性であれば、早く乾くかもしれませんね!
女性は髪が長い方が多いので、どうしても時間がかかってしまいます。

できれば、日曜の夜にゆっくり湯船につかり、ゆっくりバスタイムを楽しむことをオススメします。

 

8.暗い、難しいニュースを見るの?やめたほうがいいと思うな

f:id:yumecox:20160612124734j:plain

「世界情勢をいち早く知っておきたい。」
それは、とてもすばらしい心がけです。

でも、月曜の朝に見ると、どうなるでしょうか?

例えばですが、前日の深酒による頭痛や体のだるさがあったとします。
その上、こっちまで暗くなるようなニュースを見て、余計に憂鬱になってしまうなんてことありませんか?

そして、暗いどよーんとした顔で
「ねぇ、○○で戦争してるよ。知ってる?これって、……。」

こんな重たい発言、家族が喜ぶとは思えません。
討論を仕掛けるだなんて、なおさらです。

「やめて!朝からそんな暗い話題!こっちまで暗くなっちゃう!」
家族に煙たがられます。(経験アリ)

月曜から、家庭の危機に直面してはいけません。
なによりも、家庭の平和が一番です。

ニュースを見て世の中を知ることは、必要なことです。
でもそれって、「世の中を知って、少しでもよくしたい」という心からでは……?

世界平和・地域貢献を目指すのなら、まずは自分の家庭の平和から。
大きなことを成し遂げるときは、まず小さなことから。
(壮大なスケールの話をしているな、三十路は)

自分の身近なところから、世界平和って始まるのかもしれませんね。

(注意※地域のニュースや必要な情報には目を通しておきましょう。もし、近くで強盗事件なんて発生していたらこわいですもんね)

 

9.完璧を目指さなくてもいいんだよ

f:id:yumecox:20160612124948j:plain

「掃除も、料理も、洗濯も完璧にこなす」
「いつも小奇麗な恰好で、隙がない」

いいですよね~、そんな女性に憧れます。(ため息)
きっと良妻賢母の素敵な女性なんでしょう。

……っと、イメージを膨らませるのは、ここまで。

すべてを完璧にコントロールしようと思うと、息苦しくなってしまいます。
私は母によく、こんなふうに注意されていました。

「なんでも完璧にしようとしないで。まわりに自分のやり方を押し付けないで。」

ハ~イ。

母が私にそんなことを言うのは、
私が《すべてを完璧に出来るから》ではありません。
逆に、《すべてを完璧にしたいけれど、出来ずにもがいている状態》だと察知されたからです。

キッチンが汚れていたらどうしますか?
掃除をします。本来ならば、良い行いだと思えます。

ただ、ここでひとつ問題が。

自分以外の人が汚した汚れも、気になってしまうんです。
「ねぇ、ここもちゃんと拭いてもらっていい?」
という、小姑じみた発言が飛び出す現象発生(笑)
これでは、自分も、周囲の人たちも息苦しくなってしまいます。

物事を実行するときには、「最適のタイミング」というものがあります。
はたして月曜の朝は、「掃除も、料理も、洗濯も完璧にこなす」のにベストなタイミングでしょうか?

時間や体力に余裕があって、かつ、気力も充実しているときこそ、何事もチャレンジできるというもの。

「月曜の朝は、少し手を抜くぐらいがちょうどいい!」と私は思います。
けれど、少し手を抜いて、手を抜きすぎて、結局会社を休むのは本末転倒。

月曜日の目標はなんと言っても、「会社に出勤すること」です!
そう、前回の記事でも書きましたが、「月曜は、会社に出勤することが仕事」です。

 

いかがでしたでしょうか?
「仕事に行きたくない!」という気持ちは社会人になりたての頃、特に強かった気がします。
慣れない仕事、慣れない環境っていうのもあったんでしょう。

この記事を読んで、ちょっと仕事に行ってみるかな、と思ってもらえたら幸いです。

かくいう私もブルーマンデー症候群(笑)
自分の書いた記事を見て、頑張ります。

 

ではでは~!

 

ツイッターはじめました*

@yumecox
ツイッター超初心者なので、よかったらフォロー&いろいろ教えてもらえると嬉しいです。

 

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ    

ただいま、ブログ初心者の夢子は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければ嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

こちらの記事もオススメです

 

yumecox.hatenablog.com

 

 

【禁酒】ドリンカーだった頃の私

こんにちは!夢子です。

いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます。
この記事でジャスト50記事達成しました~!
ひゃっほーい!
皆さんのおかげです。ありがとうございます!

さて、今日もお酒の話題。
ちなみに本日で禁酒から57日目!順調に続いています!

 f:id:yumecox:20160615075236j:image

目次:

1.飲んじゃえ飲んじゃえ!だった頃の自分

さて、まだドリンカーだった頃。
私は必ずと言っていいほど、飲み会の席ではお酒を飲んでいました。

運転手?絶対いやでした。まっぴらでした。
絶対飲んでやる!みたいな気迫漂うものが私にはありました。
車で送って行ってくれるという友人の申し出は本当にありがたかったですし、
そんな友人に対しては、
「ほんとに?どうして飲まなくて平気なの?どうして?」と思っていました。
全員でお酒を飲むときは、お金がかかっても代行運転頼もうよ!という感じでした。
(ウチは電車では帰れない田舎です)
お酒を飲むペースも早かったです。
「お、早いね。強いね~」
と言われると、さらに楽しい気持ちになり、場も盛り上がっていったように感じました。
誰かが険悪なムードになりそうになると、
「ま、ま、飲も-よ!」と酒を注ぎ、
しんみりした話になると、
「今日はたくさん飲んで忘れよう!」とビールジョッキを持たせ、
都合の悪いことが起こっても、
(例えば誰かに連絡しなくては、とか。でもLINEの文字を打つのも一苦労。)
「ま、いっか。飲んじゃえ飲んじゃえ!」と知らん振り。

代々酒飲みの血筋、酒飲みのサラブレッドであった私。
お酒の席でのムードメーカーという大役を担わせていただいていました。
何かにつけてみんなにお酒を勧め(迷惑)、自分も余計に飲む始末。

ちなみに私には、陽気で楽しいドリンカーという一面もちゃんとありました。
酒の席で泣いて喚いて、迷惑かけるばっかりというわけでもなかったんです。
泣いて喚くだなんて、本当に恥ずかしいやつだ……。(過去よ、消え去れ!)
楽しいときは、調子に乗って、よくちゃんぽんしてました。
ビール、日本酒、ワインなんでも飲めました。
芋焼酎だけはちょっと苦手でしたけど。
でも飲むものがなくなったら、苦手な芋焼酎にも手を出していたでしょう。

そう、お酒ならなんでもよかった。


2.翌日どうなるか?

そして翌日の朝。

「…お、お、お、覚えていない。昨日、一体何が?」
という、とても怖いことが起こります。

(どうやって帰ってきたっけ?そういえば、送ってもらったな、家の鍵ちゃんと閉めたっけ?)

(服、昨日のままだな…。あれ?足が痛い。アザができてる。)
(テーブルの上に空っぽのカップラーメン?)
(お茶碗にはお茶漬けを食べた痕跡…?あ、両方食べたんだ。はぁ~。)
(手にも、やけど?そういえば、熱湯が手にかかったな、…。一応冷やしてたな、私。はぁ~。)
そして、

「うぅぅぅ、、気持ち悪い!頭痛ーい…。起き上がれない。ふらふらする…!」

となっていました。
休日なんて、丸つぶれです。
昼過ぎに起きて、夕方になってやっと元気になって、そして夕飯のときにはまたお酒を飲んでいました。

皆さんも酒飲みならば一度は、いや何度も?経験があるのではないでしょうか?
飲みすぎたとき、記憶がないという方がちらほらおられますが、
私の場合も、ところどころ記憶が抜け落ちている事があって、
友人に話して聞かされたり、記憶を辿っていったりすると、思い出すことも多いんです。
が!でも!!とにかく怖い!!
一体、何があったんだ!!!となります。
混乱するわけです。
そして、後悔の念に駆られます。
泣いたり、喧嘩になったりして終わった飲み会ならなおさらです。
そんなとき、最悪なことに、何を言ったか忘れてしまっていることも多いです。
私の場合は、実の親や兄弟など、家族との言い合いが多かったです。
普段はとても仲の良い家族です。
何でも言い合える関係って、良いことばかりじゃありませんね。
お酒を飲んでいると何故か、私も引き下がれないし、家族も引き下がれないんです。
昨日は何であんなにお互いムキになってたんだろう?と不思議になるくらいでした。

で、翌日謝ります。

「ごめ~ん、昨日は言いすぎちゃった。」

あれ?誰かに似てません?
そう、私にグサグサ傷を負わせた、この人と同じ発言!(笑)
↓↓↓

 

yumecox.hatenablog.com

 

 

 

 

3.飲めば飲むほど量は増えた


私の飲酒期間は十年以上です。
もう、一生分飲んだのでは?というくらい飲みました。

平日は、仕事から帰って、夕飯のスタートと同時に飲み始めます。
飲み始めると、何故か
「すぐ酔わなくては!」
という気持ちになります。
これって、アルコールに依存している状態なんですって。
酔わないといけないという気持ちから、自然とペースが上がります。

また、徐々に少量では酔えなくなっているため、量も増えます。
薬物依存の特徴として、摂取量が増えていくということが挙げられます。
酒もまた然り。
ますます量が増え、私は、「お酒が強い」のではなく、
「少量では酔えないから飲む量が増えた」自分になっていることに気づきませんでした。

今日はお酒が足りなくなりそうだと感じたら、とても不安になりました。
そんなときは、
「仕事帰りにビール買ってきて~!」と家族に電話をするのは日常茶飯事でした。
飲んでいるときも、楽しいという記憶もありますが、
飲めば飲むほどもっと欲しくなるという感じでした。
これが依存でなくて何だというのでしょうね?


休日は夕飯のビールから始まり、食事が終わってもちびちび(いや、ぐびぐび?)飲みます。
気付いたら一人で飲んでいてもワインが一本空になっていたり、
それでも足りずに冷蔵庫のお酒というお酒を探し、
なくなるまで飲んでいたりしました。
あまり好まないウィスキーですら、父のものをこっそり拝借して飲んだこともあります。
もう、味なんてどうでもいいってことですね。

”味がおいしいから飲んでるのではなく、お酒に依存しているから飲むのだ”
というのは、禁酒セラピーの著者であるアレン・カーの言葉です。
まさに、その通りだったんだなと。
オススメの禁酒セラピーはこちらから↓↓↓

 

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

 

 

私はかなりお酒には依存していました。
病院に連れて行かれたわけではないですが、確実に依存していました。恥ずかしい。
しかし、それは友人たちに言うと「そんなに重く考えることかな?」と言われる程度です。

世の中には私のような人(精神的・肉体的にお酒がないとやっていけないと思ってはいるけれど、本人も周囲も、問題の程度を軽く見ている状況のひと)がたくさんおられるのではないでしょうか?
私も正直、周囲や自分を傷つけるように、ボロボロになるまで飲んでしまった、とは思ってない。
けれど、体は壊さなかったけれど、(健康診断で引っかかってない、ということですが)
自尊心はズダボロでした。
私は、自分に自信がなくて、とてもマイナス思考でした。
「私は、お酒もタバコもやめられないダメな女だ。
 私なんて何の価値もないのでは?」
なーんて、よく考えたものです。
今ではそんなことを考えていた自分が不思議なくらいです。

 

 

4.一生分飲んだと自覚しているけれども…

私がお酒をやめられたのは、たくさん飲んだからやめられた訳ではないです。
「もう十分飲んだ!一生分の満足できる量を飲んだから、もう明日から飲まなくてもいいや!」
となればいいのですが。
そうなると、ほとんどの大人がお酒を卒業できることになります。
でも、お酒は薬物依存です。
飲めば飲むほど、量は増えます。

ですが、私はお酒をやめられました。
え?まだ何日も経ってないじゃないかって?
でもね、
たった一週間だろうと、きっと一年経っていようと、私にとっては同じことなんです。(そう信じたい!)
友人は、「また一緒に飲もうよ~!」と誘ってくれるでしょうが、
私の中では、もうアルコール問題はすでに解決したように思えます。


私の飲酒期間が十年そこらだったからやめられたのではないかと?
三十年飲んでいる自分はもうやめられないですって?

そんなことは絶対ないですよ!
むしろ、お酒によって今まで体にかかっていた負担がなくなるんですから、
めちゃくちゃ体が軽くなったと感じるはずです。
飲酒期間が長ければ長いほど、やめたときに得られるメリットは大きくなるからです。

私は十年そこそこの飲酒期間でしたが、
家庭も健康も、知性も財も、信頼も自尊心も、すべてお酒が原因で失うことになってしまったら……?という想像はできます。
そんな話を耳にすることもありますし、実際にそういう方がおられるのも事実。

けれど、それをどこか他人事だと思っていた自分。
「あたしは大丈夫!そんなに中毒みたいな飲み方はしないから!」って思っていたんです。
でも、みんな中毒者になりたくて飲んでるわけではないのです。
実は、アルコール依存症になるかならないかという問題は、他人事ではないのです。
程度の差こそあれ、飲み続けていれば、私もきっと同じ道を辿って行ったのだと思います。

 


5.一生飲まないという選択


禁酒セラピーの存在を知っている私の兄には(兄もかなりの酒飲み・サラブレッド1号)
「アレン・カーの禁酒セラピーでお酒をやめたんだって?!あれでやめると、もう一生飲めないんだよ!」
と言われました。

そう!そのつもりなのさ!そっちのほうがいいのさ!
せっかく夢から覚めたのに、また逆戻りなんてこりごりなのさ!

今、私を満たしているものは、「もう飲めないんだ」というみじめな渇望感ではなくて、
「もう自分を苦しめるものを飲まなくてよくなったんだ」という安堵感です。

でも、「もうやめて5年経ったよ!」なんて人のブログを見ると
「はぁ~5年なんて長いなぁ」と、くらっときちゃうのも、事実。

けれど、禁煙はもう5年になりました。

5年も経つと、どうなるか?
「タバコのことなんて、どうでもよくなる」んです。

きっと、お酒もそんなふう思えるようになっていくんだろうな~と思っています。

「お酒のことなんて、どうでもよくなる」
徐々に、こっちの考えに近づいている気がします。一日二日で得られる感覚じゃありませんが、筋肉みたいに徐々についてくるんだろうな。

ということで、今日はここまで!
読んでくださってるみなさま、いつもスター、購読、ありがとうございます。


ではまた~!

 

ツイッターはじめました*

@yumecox
ツイッター超初心者なので、よかったらフォロー&いろいろ教えてもらえると嬉しいです。

 

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ    

ただいま、ブログ初心者の夢子は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければ嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

 

こちらの記事もオススメです

 

yumecox.hatenablog.com

 

 

【あなたも危険?!】アルコール依存度テスト

こんにちは!夢子です。
いつもお読みくださりありがとうございます!

さて、お酒というと「楽しい飲み物」「集まりやパーティーに欠かせないもの」というイメージが多いと思いますが、
お酒は依存する性質のあるもの。
飲みすぎると、大変なことになっちゃいます。

私も試したことのある以下のテスト、よかったらみなさんも試してみてください。 
このテストをしたおかげで、「もしかして、私の飲酒って問題アリ?」と考えるきっかけになりました。
では早速、スタート!

f:id:yumecox:20160611202153j:plain

目次:

CAGEテスト

これは、4つの質問に答えるだけの、簡単なテスト。
でも、70%の確率で当たるそうです!ぜひチャレンジを!
4つの質問からなる単純なアルコール依存症を選り分ける検査です。
質問がそれぞれ
・減酒(Cut down)の必要性
・他者からの批判への煩わしさ(Annoyed)
・飲酒への罪悪感(Guilty)
・朝の迎え酒(Eye-opener)
について尋ねており、頭文字を取ってCAGEと呼びます。
【CAGEテスト】
  1.  飲酒量を減らさなければいけないと感じたことがありますか
  2. 他人があなたの飲酒を非難するので気にさわったことがありますか
  3. 自分の飲酒について悪いとか申し訳ないと感じたことがありますか
  4. 神経を落ち着かせたり,二日酔いを治すために, 「迎え酒」をしたことがありますか

上記の4項目のうち、2項目以上当てはまればアルコール依存症の可能性が高いとされます。

詳しくはこちらから↓↓↓

久里浜医療センター|CAGE

 

 

AUDITテスト

こちらのテストは、将来「危険な飲酒者になるかどうか?」もわかるそうです。
私も飲酒時代を思い出してテストしてみました。

結果は「22点」。「40点満点中、22点だったら大丈夫?!」なーんて思ってましたが、
8点以上から問題アリなんだそうです。

テストの際は、質問の横に書いてある点数をどんどん合計していってくださいね!

世界的に使用されているアルコール関連問題の重症度を測定する検査。
質問1~3で現在の飲酒量や飲酒頻度を確認し、
質問4~10で過去1年間に生じた飲酒に関連した問題の有無をチェックし、各質問の点数を合計します。 
依存症の識別のみならず、将来的に飲酒問題が進行する危険のある飲酒者の同定も目的としていることが特徴です。
日本では、8~10点以上で何からの問題飲酒が指摘され、
15点以上でアルコール依存症が疑われます。

AUDITテストはこちらから↓↓↓ 

AUDIT | e-ヘルスネット 情報提供

 

 

KASTテスト

こちらのテスト、男性版と女性版に分かれています。
ちなみに私の結果は、8点満点中、「6点」。

質問の中で、「私のしていた仕事をまわりの人がするようになった」
というものがあるんです。

ちょっと心当たりがあって、焦りました~。
「マズイ!お酒で仕事にも影響が出てくるってそういうことなんだ。ほかの人に私の仕事を回されてしまうんだ……!」と危機感を覚えました。単純に、増員によって仕事内容が変わっただけだと思いたい(泣)

KAST (Kurihama Alcoholism Screening Test)

アルコール依存症を選別するための検査です。
男性版は10項目からなり、4項目以上当てはまれば「アルコール依存症の疑い」、1項目~3項目が該当すれば「要注意」と判定されます。
女性版は8項目からなり、3項目以上で「アルコール依存症の疑い」、1項目~2項目で「要注意」と判定されます。

KASTテストはこちらから↓↓↓

 久里浜医療センター|久里浜式アルコール症スクリーニングテスト

 

さて、みなさんはいかがでしたでしょうか?
一度、飲酒について考えるきっかけになればな~と思います。

 

ではでは~!

 

 

ツイッターはじめました*

@yumecox
ツイッター超初心者なので、よかったらフォロー&いろいろ教えてもらえると嬉しいです。

 

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ    

ただいま、ブログ初心者の夢子は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければ嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

 

こちらの記事もオススメです

yumecox.hatenablog.com

月曜日、会社に行きたくなかった私がした10のこと

こんにちは!夢子です。
いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます!

さて、禁酒禁煙・絶賛継続中の私ですが、
いくら健康になってきているとはいえ、月曜日の憂鬱というのはやはりあるものですね。
巷では《ブルーマンデー症候群》なんてかっこいい呼び方もするらしいです。

今回は、「仕事行きたくな~い」、「仕事だる~い」と思ってしまったとき、なんとか会社に行ける方法を書いてみました。

 

 

こんなこと、してみたらいいよ

目次:

1.さあ、早起きしよう!

朝の時間って、素敵じゃありませんか?
天気がいいとなおのこと。

鳥の鳴く声や(田舎なので)、川のせせらぎに耳をすませて(田舎なので)、
朝の清浄な空気を胸いっぱいに吸い込む……。(ね?田舎って、いいでしょ?)

でも、朝は時間の余裕がないと、途端に全てがいやになるもの。

「お弁当を作って、着る服を決めて、シャワー浴びて、お化粧して、……もー!やることいくつあんの?!」
そう。朝って、とてもとても、とーっても忙しい。

その上、時間がないと
「お弁当のメニューはから揚げの予定だったけど、もう冷凍食品でいいや!」
なーんて、予定が狂ってきちゃいます。
予定が狂うと、さらにいやになってきてしまう。
急いでいると忘れ物もしちゃいますよね。

早起きして時間に余裕を持たせると、気持ちがとってもラクになります。 

 

2.月曜の仕事は、「会社に行くこと」と考える

月曜は「会社に行くこと」が仕事です。そう、出勤さえすればOK!

出勤して、タイムカードを押すことが仕事だと思うようにします。
そうすれば、あとは惰性でなんとかなるもの。

私はデスクワークなので、「今日は一日、会社の席に座っていることが私の仕事なの~。」と考えてます。

え?だからって何もしないのかって?(ビク!)

いえいえ!ちゃんと仕事してますよ~、してますしてます!
ええ!してますとも! 

 

3.制服や出勤服をとりあえず着てみよっか

f:id:yumecox:20160612101002j:plain

頭がぼーっとしがちな月曜日。
出勤準備に手間取られることって多いですよね。

「あれもしなきゃ……あぁ、これもしなきゃ……。」なんてやってる間に、
「マズイ!もう出発しないと間に合わない!」なんてことも。

とりあえず、最初に服を着替えてみてはいかがでしょう?
「時間がない!間に合わない!」そんなときも、服だけちゃんと着ていれば、すぐ出発できます。
最低限の所持品・お財布と携帯電話があれば、もし、なにかあってもなんとかなっちゃうもの。

ただし、忘れ物にはご注意を!

 

4.お弁当のポイントは「○○するだけ!」

毎日のお弁当って、自分の好きなものを持っていけるので私は好きなんです。

しかーし!
その反面、やる気が出ないとお弁当作りはとても面倒な作業になってしまいます。
そこでオススメなのが、「月曜は○○だけ弁当」。

例えば、三品おかずを作りたいとします。

  • 【メイン料理】
    多いのは、鮭(甘塩)を焼くだけ。
    もしくは、肉を焼くだけ。(味付けは焼き肉のタレ)。
    それ以外のものは、日曜の夜におかずをほとんど作ってしまいます。
  • 【卵料理】
    時間も体力もやる気もない月曜の朝に、卵焼きなんて作れません。(ヒドイ嫁だ)
    なので、前日の夜からゆで卵をダシにつけておきます。これで煮卵の完成。
    朝は切るだけですよ。
  • サラダ
    サニーレタスとミニトマトを洗うだけ。完璧です。

 

ポイントは「焼くだけ」「切るだけ」「洗うだけ」そして、「つめるだけ」。

なんて手抜き!でも、お弁当には変わりありません。

でもSNSにはUPできませんね(笑)

 

5.テンポの速い、明るい曲を聴くといいよ

f:id:yumecox:20160612102749j:plain

音楽は人を元気にしてくれます。憂鬱な気分も吹っ飛んじゃいますよ!

私のオススメはB’Z
曲を選ぶポイントは、《マラソン中に聴くと、速く走れそうな曲》です。

B’z以外にも、

この選曲、かなりの雑食がバレてしまいますね。
これらは、ランニング中に私が聞く曲たちです。

戦闘態勢のスイッチが入る気がするんです。
月曜は、意地でも出勤することがなにより大事です。

皆さんも自分への応援ソングを見つけてみたらいかがでしょうか?

今ブログを書いているときに聴いてたら、キーボードをたたく指の速度が上がった気がします……!やる気スイッチ、オン!

 

6.会社に少し「楽しみ」を持ち込んでみたら?

f:id:yumecox:20160612103529j:plain

好きな本や雑誌を持って行ったり、趣味や習い事に関するアイテムを持って行ったり。楽しみがあると、仕事への意欲も上がります。

私はよく夕飯の献立を考えています。楽しいからね!
そして、オムライスの絵なんて書き始める始末。

え?サボり?
いえいえ!オススメしてるのはお昼休憩のあいだの楽しみです。

え?なになに?仕事中にブログを書く?
やってみたいけど、それは私にはハードルが高いよ~(笑)

 

7.お財布にお金を少し多めに入れておこうね

f:id:yumecox:20160612103655j:plain

突然ですが、「所持金270円の憂鬱な気持ち」ってわかります?
誰の話って?私の話ですよ。
ちょっと、ひかないでください(笑)

ジュース2本買ったら、消えて行っちゃう金額……。
いや、2本すら買えない金額……。

いいですか!(くわっ!)
月曜は、「所持金270円」なんて、そんなリスキーなことをしてはいけません!
実は、「お財布にお金がない」ということは、けっこうなストレスになります。
ブルーマンデー症候群》に加え、《お金がない不安症候群》が襲い掛かってきたら大変です。

「なにかあったとき、お金がないと困る」
「なにかあったらどうしよう?」

そう考えて知らず知らず不安になってしまうんです。

お財布には「はぁ、落ち着くわぁ。」と安心できるくらいのお金があるといいと思います。

私の場合は、スーパーでの買い物1回分くらい。
決して高額ではありませんが、安心できます。
日曜日にお金を全部使いきってしまわずに、少し取っておきましょう。

なぜって……?
月曜の朝からATMへお金をおろしに行く時間がもったいないし、正直、面倒なんです。(どれだけ面倒くさがりやなの)
とは言っても、給料日前はどうしても金欠でヒーヒー言っちゃうんですけどねぇ。

 

8.「ごほうび」っていいよね

f:id:yumecox:20160612104012j:plain

自分へのごほうびを持っていくのも一つの手です。

例えば、一粒のチョコ。それだけで仕事へのやる気がわいてくるかもしれません。
あ、でもお菓子の食べすぎはいけませんよ。
あくまで「たまに」食べるから、ごほうびなんです。(とか言っちゃって。偉そうに~)

え?私は何を持っていくのかと?
先日は、パウンドケーキ1切れでしたね~。
その前は、コストコの大きなクッキーに、その前はおまんじゅうでしょ……?

いえいえ!毎日は食べてませんよ!あくまでも、たまに、です!たまに!

 

9.メイクに気合を入れましょ

f:id:yumecox:20160612104154j:plain

これは女性特有の心理でしょうか。
お化粧の仕上がりがいいと、やる気が出てスイッチが入るんですよね。

可能であれば、チークや口紅など、目に見えて華やかになれるアイテムをプラスすることをオススメします。
かといって、濃いメイクにはご注意を。唇オバケになっちゃいますから。
ええ、笑ってください、私の失敗パターンです。

それから、禁酒禁煙は、美容にもいいことばっかり。

お肌がワントーン明るくなりますし、吹き出物もなくなります。
毛穴も小さく目立たなくなりますし、
血行がよくなるからでしょうか、唇の色も綺麗になる気がします。
また、禁酒禁煙は髪や頭皮にもよいことがわかっていますし、体臭も軽減されて……。

あぁ、メリットを書き出したら止まらない!

 

10.アイテムを新調してみたら?

f:id:yumecox:20160612104738j:plain

例えば、新しい靴を履く。
おしゃれをすると気分も上がるものです。

毎週、靴を新調することはできませんが、新しいハンカチや髪留めなんかもいいですね。
いつもはしない髪型にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。
でも、あまり難易度の高い髪型はオススメできないですが。
「やり直してたら時間が無くなっちゃった~!」なんてことになりかねませんから。
そう、これも私の失敗パターンです。
サッと簡単に、一度でできるものがいいです。

男性であれば靴下やシャツを新調するのもいいかもしれません。
新しい香水や、デオドラントスプレーを試してみるのもいいのかも?
新しいものを使うときって、楽しい気分になりませんか?(失敗したときが悲惨ですが(笑))

「気分一新、頑張ろう!」と思えるものがいいですね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

これならできそうだな~というものから、ぜひお試しあれ!

また今回も、誤字脱字の多いこと。何度も修正して再更新です。申し訳ない。

いつもつたない文章をお読みいただいてありがとうございます。

ではでは~!

 

ツイッターはじめました*

@yumecox
ツイッター超初心者なので、よかったらフォロー&いろいろ教えてもらえると嬉しいです。

 

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

 にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ    

ただいま、ブログ初心者の夢子は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければ嬉しいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

こちらの記事もオススメです

yumecox.hatenablog.com