読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢子の禁酒禁煙ブログ

禁酒禁煙に取り組むブログ。「はっ!私、悪い夢を見ていたんだ。」と気付きました。お酒もタバコもやめたら、人生すっきりしました。そして、日常の他愛ないことの記録。

【禁煙】タバコと私~④意志が弱いからやめられない?

【禁煙して5年経ちました】

前回の記事はこちらから↓↓↓

【禁煙】タバコと私~③やめたい、でもやめられない - *夢子の禁酒禁煙ブログ*


11.タバコがやめられないのは、意志が弱いから? 

(1)タバコをやめるのに、意志の力は必要ない

 「タバコをやめたら?」
よく家族に言われたものです。

でもね、やめたいけれど、やめられないのです。
そして、よくこう思っていました。
「私は意志が弱いから、禁煙が続かないんだ。」

でも、違いました。

必要なのは、タバコに関する間違った知識を手放すこと。
そして、正しい知識を習得することです。

これまでに、たくさんのスモーカーに「どうやって禁煙したの?」と聞かれました。
けれど、一言で簡潔に伝えられるものではありません。
タバコの正しい知識を、5分やそこらでプレゼンできないのです。

説明しようと試みたこともありました。
けれど、ブログに書いていることの10分の1も伝わっていないでしょう。

それに、スモーカーはタバコを否定されると、とても傷つきます。
「私の楽しみであるタバコを取り上げようって言うの!」と躍起になって反論してきます。
ネットで”タバコのメリット”を検索し、都合のよい記事を引き合いに出す人もいます。
もしくは「自分はタバコをやめられないから、今のままでいいんだ。」と開き直ります。
その場がなんとなく気まずくなりますし、もっと悪ければケンカになります。

 

(2)正しい知識と、大真面目に取り組む姿勢は必要

 

本気でやめたいと思っている人には、
「アレン・カーの禁煙セラピーを読んでやめたよ。」と伝えるようにしています。

はい、出ました。じゃじゃーん!

 

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

 

 

タバコをやめるのに意志の強さは必要ありませんが、
正しい知識は必要です。この本で、タバコに関する概念がひっくり返ります。

そして、私はこの本に書いてあることを、大真面目に取り組みました。
私は弱い人間ですが、そのおかげで、タバコをやめることができたのです。
「強い意志」は必要ありません。けれど、「正しい知識」と「真面目に取り組む姿勢」は必要です。

禁煙セラピーには、「読み終わるまでタバコを吸っていい」というルールがあります。
ですから、タバコを吸いながら読んでいいんです。
「やめて何年も経ったけれど、まだタバコが恋しいな」という人以外は、ですけど。
禁煙セラピーを読みながら、指の間に挟んだタバコを見つめ、じっくりタバコと向き合ってください。

この本、「読むだけで絶対にやめられる」が謳い文句です。

スモーカーだった父と兄は疑っていましたが、一度は読んだみたいです。
この本のおかげなのかわかりませんが、今では二人ともノンスモーカーです。
もう何年も吸っていません。


一言添えておきますが、私は出版社の人間ではありませんし、アレン・カーの回し者でもありません。
ただの、イチ読者です。ただただ、「禁煙セラピー」がお勧めの本である、というだけです。

 どうも、私の文章は読みにくくていけませんね。他の方のブログの、なんと読みやすいこと・・・!
はぁ、精進いたします。

では、続きはまた次回!

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ   

ただいま、ブログ初心者の夢子は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければ嬉しいです。

  ↓ ↓ ↓