夢子の禁酒禁煙ブログ

禁酒禁煙に取り組むブログ。「はっ!私、悪い夢を見ていたんだ。」と気付きました。お酒もタバコもやめたら、人生すっきりしました。そして、日常の他愛ないことの記録。

【タバコと私】11.記憶が上書きできればなぁ、なんて思ってました。

こんにちは!夢子です。 

前回は「自分でも理解不能なことまで、タバコを吸う言い訳をしていたんです」って話をしていました。
前回の記事はこちらから。
 ↓↓↓

yumecox.hatenablog.com

さて、禁煙に失敗し続けた私はどうなったでしょう?

f:id:yumecox:20160521095257j:plain

今日のお題は【記憶が上書きできればなぁ】です。

挫折感と投げやりな気持ち

 

禁煙が苦しかった理由は、自分でもタバコにはメリットがないと頭ではわかっていたからです。「禁煙セラピー」を読んで禁煙したために、タバコの洗脳から9割は抜け出していました。

だから余計に辛い。

「タバコは不毛な習慣。しかも、何のメリットもない。なんの得にもならない。」

ええ、わかってます。わかってますとも。

自分で「タバコを吸っても、私のためにならない。間違っている・・・!」と気づいているのに、やめられない。

投げやりな気持ちになってしまうのは仕方ないことでした。

だって、自分で無利益なことをしているって、自分自身が知ってるんですから。


禁煙をやめて、また吸い始めます。
でもしばらくすると、またタバコをやめたくなって、禁煙してしまいます。

「タバコを吸うにせよ、禁煙するにせよ、どっちに転がっても、私は幸せになれないんじゃないか・・・!」


禁煙に失敗することで、自虐的になっていました。

「自分はやっぱり継続できない。」と、自信を失くしていました。それが辛かったのです。

 

 

「周囲へ言い訳する私」も辛い

 

禁煙に失敗したときは、周囲に言い訳しないといけないですからね。
宣言すれば、タバコを吸う抑止力になりますが、タバコをやめられなかったときは惨めです。

周りにも
「あれ?タバコやめてなかったっけ?またダメだったんだね~」と笑われます。
ちなみに、この笑いは嘲笑ではなくて、「スモーカー仲間が減らなくて、よかった、よかった」という気持ちなんだと思います。

 

今思うと、周りの人にどう言われようと、別に気にすることなかったんだと思います。

結局、自分が変われば、周囲の反応は驚くほど変化しますから。


あのとき、私を笑っていた友人たちは?

まだスモーカーのままです。

そして、「夢子はすごいね。」と褒めてくれますし、「私には無理。」と落ち込んでしまいます。
やめた方法を聞かれても、かいつまんでしか話せません。それでは、理解してもらうことなんて不可能です。もし、話して理解してもらうとなれば、二時間は必要なんじゃないでしょうか。
(だって、このブログの長いこと長いこと・・・。)それに、文章を書くほうが正確に伝えられる気がするんです。友人たちがブログを見てくれることを祈ります。

一方で、ノンスモーカーの友人は私がタバコをやめたとき、なんて言ったか?

何も言いません。ノンスモーカーは、タバコに固執していませんからね。
「今日は吸わないの?」とは聞かないんです。

私の禁煙が続いているかどうかを今も気にしているのは、スモーカーの友人だけです。


実際、ノンスモーカーになれば、タバコなんてどうでもよくなるんですよ。 きっと、皆さんもそうなります。

 

 

記憶を上書きする方法を試行錯誤する

 

本題はここからです。今までタバコと共に歩いてきた記憶と経験は、頭での理解を超えていました。詳しくはこちら↓↓↓

【タバコと私】10.禁煙に失敗した私の、アホすぎた言い訳 - *夢子の禁酒禁煙ブログ*


その記憶を上書きしなくてはいけません。

さて、どうすれば、自分に負担をかけずに禁煙がうまくいくでしょう?

大事なことは、

「タバコを吸わない期間に、タバコなしでも人生はやっていけると、少しでも実感すること」です。

 

私は、タバコを吸う期間と、禁煙する期間を交互に設けることで禁煙に成功しました。

私の例は、ほんの一例ですから、参考までに。

禁煙     : 1週間

タバコを吸う : 2ヶ月

禁煙     : 2週間

タバコを吸う : 2ヶ月

禁煙     : 3週間

タバコを吸う : 2ヶ月

 


禁煙期間が一日のときもありました。(禁煙って呼ぶのかな。笑)
一週間、一ヵ月、長くて半年だったこともあります。

実際は上のような、綺麗なスケジュールを組んだわけではありません。


禁煙を始めた当初は、交互に吸ったり、禁煙したりしよう、と決めて始めたわけではありませんでした。

出来ることなら、スッパリやめたいと思っていました。

だから、タバコを吸い始めてしまうたびに、「また失敗した」と思っていたんです。


それでも、私がやめられたのは、あるときこう思い至ったからです。

 

「今は、タバコについての勉強期間。
 しばらくやめて、体がどう変化するか、気持ちがどう変わっていくかを確かめる必要があるんだ。
 私には、試してみる期間が必要なんだ。

 また吸い始めても、それは禁煙の勉強なんだ」
と。

言い訳に聞こえますか?


ここでひとつ、お話をしましょう。

 

 

「一年禁煙したのに、また吸い始め、結局ずっと吸ってしまう人」と、
「禁煙に何度も失敗しているが、最終的にタバコをやめる人」

タバコを吸っている人の中で禁煙にチャレンジする方はけっこうおられますね。

中には、タバコを完全にやめられる人もいますが、何年も禁煙したのにまた吸い始めてしまう人がいます。

そうすると、私が言う、「禁煙した後にまた吸い始めてしまっても、それは”禁煙の勉強”だからいいんだ
というのは、単なる言い訳に聞こえますね。

本当にそうでしょうか?

かたや、妊娠をキッカケに禁煙した、妊婦のB子さんがいたとします。
かたや、「また吸い始めても、それは禁煙の勉強なんだ」と思って吸う、Y子さんがいたとします。

そして、妊婦のB子さんには、運悪くタバコに関する知識がなかったとします。

 

一年間の禁煙に成功したB子さん

 

B子さんは妊娠がわかってすぐタバコをやめました。

禁煙中にはこんなことを考えます。

『タバコが吸いたいな。
 朝起きてすぐとか、食後とか、ほかにもちょっとした休憩とか、頑張りたいときとか。
 今まで私はタバコを吸って癒されてきたのにな。でも、この我慢も赤ちゃんのため。

 先生には一日一本までならいいって言われたけれど、今は絶対吸わない!

 何か月も吸っていなかったからニコチンへの衝動も減ってきているし。

 吸えないのは、仕方ないよね。赤ちゃんのため!周囲の目もあるから、外では絶対に吸えないし。でも、産んでしばらくしたら、また吸おう。』

B子さんにとって、「禁煙=我慢」なわけです。
しかも「吸いたいのに吸えない」状況では、タバコは恋しくなるばかり。

楽しいこと、リラックスできることを奪われたと感じているんですから。

でもそう思うのは、知識がなければ仕方のないこと。
本当は、タバコは楽しいことでもないし、リラックスでも癒やしでもないんです。

これを理解しているか、していないかは、重要です。

(いやいや、全く理解不能!という方は、

【禁煙】タバコと私⑥自作の禁煙ノート(前半) - *夢子の禁酒禁煙ブログ*

【禁煙】タバコと私⑦自作の禁煙ノート(後半) - *夢子の禁酒禁煙ブログ*

だけでもご覧くださいね!)

それでも一年間、禁煙を継続できたんです。これは、本当にすごいことだと感じます。

B子さんは、出産後、しばらくしてまたタバコを吸い始めました。

さて、一年間禁煙したあとのタバコは、さぞおいしいと思いますか?


答えはノーです。


一本目は確実に変な味がしたはずです。

「あれ?こんな味だったっけ?」と感じます。

(もしここで、おいしいと感じるなら、直前にタバコの煙を嗅いだのかもしれませんね)でも、しばらくして二本目を吸うと、またあの懐かしい味に戻っています。


これは、今までの記事でも書いたように、「体から毒が抜けていたから、変な味がした」ということ。

そして、久しぶりの一本目のタバコで体内にニコチンが入り、

禁断症状を感じ始めてから二本目を吸うと、禁断症状が緩和されて、おいしく感じます。

「一年もやめたんだから、その後もやめていたらよかったのに。」という周囲の声もちらほら聞こえそうですね。

でも、B子さんは、タバコはいいもの、という幻想を抱いています。

もっと悪ければ、「タバコなしで、この忙しい子育てを乗り切るなんて絶対に無理。」と思っています。


母親になるということは、とても嬉しいことでもあり、とても大変なことなんだと思います。

私はまだ経験がないので、偉そうなことは言えませんが、

世のお父さん、お母さんたちは子育てを必死に頑張っています。

B子さんにとって、タバコは癒しであり、ごほうびなのですから、育児や家事を頑張れば頑張るほど、タバコがほしくなります。

(再度、誤解のないように言いますが、本当は、タバコは癒しではないんです。ちょっと納得できないな~という方は、今までの記事を読んでいただけると嬉しいです。一番下にリンク貼っておきます!↓↓↓)

そして、B子さんは二人目の子供を妊娠しました。

二人目のときも、禁煙できたでしょうか?

 

いいえ、残念ながらできませんでした。

一人目の子育ても忙しいうえに、出産準備の忙しさ、生活の忙しさがあります。

家事と仕事と育児に忙殺される日々。「禁煙なんてできないよ!」となってしまいます。

残念ながら、このような話は、珍しい話ではないんです。一人目の妊娠では禁煙できても、二人目のときは禁煙できなかったという話は少なからず聞きます。

 

二、三ヵ月禁煙してはすぐまた吸い始めるY子さん

 では、『禁煙した後にまた吸い始めても、それは禁煙の勉強なんだ』と、言い訳じみたことを言う、Y子さんの場合はどうでしょう?

Y子さんはあるとき、何年も吸い続けたタバコをやめようと決心しました。

「禁煙セラピー」という本を読んで、知識を得ました。

最初、禁煙は順調なように感じられましたが、まだなんとなくタバコが恋しく、吸いたくなってしまいます。

頭ではタバコがどんなものかを一応わかってるので、吸いたい気持ちが現れても、

タバコが吸いたくなるのは、今までタバコを吸っていたから。ノンスモーカーはこんなことを感じない。

 なんだかそわそわするのは、禁断症状のせい。私のせいではないし、これはすぐに消えてなくなる感覚だ。」と考えます。

でも、なんとなく物足りない気がして、またタバコを吸い始めてしまいました。

「あぁ、タバコを吸ったら、いい天気になるのに・・・!」という変な言い訳も頭で考えてしまいます。

禁煙期間が一日だったときもあります。

そんなときも、Y子さんはどう考えるか?

「私はいつも夕食後にタバコを吸いたくなるな。今度禁煙するときは、夕食後すぐにお風呂に入るようにしてみたらどうだろう?」

とか、

「すぐ歯を磨けば、タバコなしで過ごせるかもしれないな。」

とか、

「車の中がいい匂いだったら、車内でタバコを吸うのを控えようという気持ちになるかもしれないな。」

と、自分の禁煙失敗から、知恵を絞りだし、禁煙成功に向けて何かを得ようと考えます。

また、禁煙期間には、

「タバコを吸ったら、この悪い状況がなんとかなるのでは?と思っていたけど、なんだ~、吸わなくてもなんとかなったじゃないか。」

という、タバコなしでの成功体験や経験も増えていきます

もちろん、人生では悪いことも起こりますが、それはノンスモーカーにもスモーカーにも、平等に起こることです。

そして、

「よし、ここまで禁煙のアイデアが浮かんだし、やっぱりタバコを吸ってもメリットはなさそうだ。

 タバコを吸わないときのほうが、体の調子がよかったな!よし、もう一回禁煙してみるか!」

そして、Y子さんは「タバコを吸って、また禁煙して」ということを数週間~数ヶ月単位で繰り返しました。

その期間、周囲の目には「また禁煙失敗しているな」と映ったことでしょう。

でも、その結果、Y子さんは禁煙できる期間を徐々に伸ばすことができ、結果、禁煙に成功しました。

 


さて、どうだったでしょうか?Y子とB子さんとの違い、なんとなくわかりましたか?

B子さんがタバコをやめられなかったのは、出産・子育てという大変なイベントがあったから?

Y子さんは、そんな大変なイベント、なかったから気楽にやめられたのでしょうか?


いえいえ。赤ちゃんの目の前でタバコは吸えません。

吸えない環境が整っているのは、B子さんのほうです。

周囲も気遣ってくれますし、タバコが自分の周りから一切消えるのは、B子さんのほうでは?


二人の違い、それは、知識を得たか、得なかったか、です。

その知識を活用したか、しなかったか、なのです。

 


毎度の長文、お読みいただきありがとうございます!

今日は、ブログのデザインテーマを変更してみようと思います!
うまくいくかな~。

ではでは~!

 

今までの記事はこちらから。

【禁煙】タバコと私~①タバコとの出会い - *夢子の禁酒禁煙ブログ*

【禁煙】タバコと私~②タバコが好き、でも嫌い - *夢子の禁酒禁煙ブログ*

【禁煙】タバコと私~③やめたい、でもやめられない - *夢子の禁酒禁煙ブログ*

【禁煙】タバコと私~④意志が弱いからやめられない? - *夢子の禁酒禁煙ブログ*

【禁煙】タバコと私⑤どうしてタバコを吸うのですか? - *夢子の禁酒禁煙ブログ*

【禁煙】タバコと私⑥自作の禁煙ノート(前半) - *夢子の禁酒禁煙ブログ*

【禁煙】タバコと私⑦自作の禁煙ノート(後半) - *夢子の禁酒禁煙ブログ*

【タバコと私】⑧禁煙っていいかも!禁煙の心構えとは? - *夢子の禁酒禁煙ブログ*

【タバコと私】⑨禁煙の前に、心の準備をもうすこし。 - *夢子の禁酒禁煙ブログ*

【タバコと私】10.禁煙に失敗した私の、アホすぎた言い訳 - *夢子の禁酒禁煙ブログ*

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ   

ただいま、ブログ初心者の夢子は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければ嬉しいです。

  ↓ ↓ ↓