夢子の禁酒禁煙ブログ

禁酒禁煙に取り組むブログ。「はっ!私、悪い夢を見ていたんだ。」と気付きました。お酒もタバコもやめたら、人生すっきりしました。そして、日常の他愛ないことの記録。

【禁煙】タバコと私~②タバコが好き、でも嫌い

【禁煙して5年経ちました】

さて、昨日の続きからです。チェーンスモーカーになった私はどうなったか?長文ですが、よろしければお付き合いくださいませ。
あ!!読者の方が増えてる♪ありがとうございます!嬉しいです!

f:id:yumecox:20160508103716j:plain

※昨日までの記事はこちらから↓↓↓↓↓

【禁煙】タバコと私~①タバコとの出会い - *夢子の禁酒禁煙ブログ*

目次

4.タバコが大好きだった私

私は、タバコが大好きでした。いつでもタバコと一緒でした。できることなら、起きている間中、ずっと吸っていたかった。

まず、朝起きてすぐ一本。眠気が取れ、体が落ち着きます。

ご飯を食べて、また一本。タバコを吸うだけで、ご飯を食べないことも多かったです。私は「タバコとお酒とミルクティーがあれば生きていける!」と豪語していた時期がありました…あぁ、アホ!
本を読みながら、数本。テレビを見ながら、数本。
運転中も、タバコが手放せません。カラオケに行っても、あの狭い個室で吸います。
いい迷惑ですよね…でも、私の他にスモーカー仲間がいてくれれば平気でした。
でも、他のノンスモーカーの方は平気じゃなかったでしょう…ごめんなさい。

学校を卒業して、就職しました。勤務中は吸えないので、出勤前に吸いだめしておきます。
勤務中に吸えないだなんて!!どうしようかと思いました。軽いパニックです。でも、それにも慣れます。仕事の後の一本はとても落ち着きます。我慢していた分、「やっと吸えたー」という感じです。

お酒の席では本数もかさみます。飲み会には必ず未開封のタバコを買って行きます。なくなると、いてもたってもいられないからです。イライラしたとき、悲しくなったとき、タバコがなかったらどうすることもできません。飲みの場でタバコがなくなったとき、遠く離れたコンビニに、歩いて買いに行ったこともありました。
あぁ、私のアホ!

出かける時は「お財布、ケータイ、タバコ」の三点セットが必ず必要でした。
タバコがあれば、ご飯なんていらなかった。なのでタバコはダイエットになると思っていました。けれど、顔色はとても悪かったと思います。ご飯を食べないなんて、不健康極まりないですから。
タバコを吸っていれば、お通じもちゃんときました。ウソか本当かわかりませんが、昔は便秘薬として使われていたこともあったそうです。でも、タバコをやめても便秘になるなんてこと、ありませんでした。

 


5.タバコは万能薬か?!

私はタバコに幻想を抱いていました。万能薬だと思っていました。

  • タバコはおいしい、特に食後の一本はおいしい
  • ご飯のかわりになるので、ダイエットになる
  • タバコはささやかな楽しみ、喜び
  • 眠気覚ましになる
  • やる気が出る、集中力があがる
  • 仕事の効率が上がる
  • イライラが消える、ストレス解消になる
  • リラックスになる
  • 退屈感が紛れる
  • 悲しさを紛らわせてくれる
  • 不安感を取り除いてくれる
  • 仕事の失敗、友人との喧嘩、嫌なことを紛らわせてくれる
  • 場を持たせることができる
  • コミニュケーションのツールになる
  • 待ち合わせで人を待つ間など、タバコを吸えば時間つぶしになる

※誤解のないように言っておきますが、タバコには上記のような効果は全くありません。 絶対にありません。ヘビースモーカーだった私が言うのですから、間違いありません。「自分はそんなに吸わない。一日三本と決めているから大丈夫」ですって?うふふ。一年後に、同じセリフを聞かせてください。


6.でも、タバコの嫌なところも知っていた私


タバコを吸っていると、デメリットにも目がいくようになります。好きで吸っているはずなのに、嫌になるときがあるんです。


【タバコの嫌なところ】

  • 不潔
  • 手がくさくなる
  • 服も車も部屋もくさくなる、埃っぽくなる
  • 喉や舌が痛む
  • 風邪をひきやすくなる
  • 肌が荒れる
  • シワが増える
  • 目が黄ばんでくる(ビタミンの欠乏により)
  • お金がかかる
  • ちょっと一本吸う、という時間がないときでも吸ってしまう
  • 吸わないとイライラする→イライラするのはタバコのせいではないか?とちょっと気付き始めていました
  • 絶対に寿命が短くなる
  • 周りに迷惑がかかる(正直、煙は喫煙所から漏れていますしね。屋外の喫煙所なんて論外です)
  • タバコが心底嫌いな人もいる
  • 周囲の人から邪険にされる
  • 白い目で見られる

 

【こういうとき、傷つくんです。そして自己嫌悪に陥ります】


吸ってはいけないとき、吸っては行けない場所でも、とにかく吸いたくなるんです。

  • 友人に本を借りるとき。「タバコを吸いながら読むのだけ、やめてほしいな。」なんて言われたとき。
  • 「くさーい」と言われたとき。
  • 友人が、顔の前で手をパタパタしたのを見たとき。(クサイ、のジェスチャーですね)
  • 妊婦さんが目に入っているのに、タバコを消すのをためらってしまったとき。
  • 友人の運転する車中で、タバコ吸ってもいい?と勇気を出して聞いたとき。
    →しかも「ごめんね、ここではちょっと」と断られたとき。
  • 店で一緒になった他の客や、店員さんに「タバコをちょっと控えていただいてよろしいですか?」と申し出があったとき。
  • タバコを吸っているときに通りがかりの人に白い目で見られたとき。スモーカーは、周囲の視線にけっこう敏感ですよね。
  • 友人や知人の集まりで、一人だけタバコを吸っているとき。
  • 集まりの輪から抜けだして、一人で喫煙所に行くとき。
  • 職場に誰一人として、喫煙者がいない。→まさに今、私がその状況ですが、大丈夫。堂々としていられます。
  • ノンスモーカーの友人に「夢子がタバコを吸うなんて、似合わない」と言われたとき。
  • 友人に「私、タバコが嫌いなんだ」と言われたとき。
  • 家族にも「タバコをやめなさい」と叱られたとき。女性のスモーカーはなおさら肩身がせまいです。「その内、妊娠したり子育てしたりするのに、いつまでタバコ吸ってるの?」
    そうです、家族は心配してくれているのです。

7.タバコを否定されたら、スモーカーはどうするか?


タバコは体に悪い、タバコはよくないもの、スモーカーはちゃんとわかっています。わかっているから、上記のようなことがあったら、傷つくんです。タバコを否定する風潮は、日増しに強くなっています。

ノンスモーカーは「タバコはただの習慣。今吸っている人も、やめようと思ったら、すぐにでもやめられるんでしょ?」と思って、軽い気持ちで禁煙を勧めてきます。でも、やめられないんです。
「やめられないのは、意志が弱いからでしょ?」違います。私は、意志薄弱の人間ですが、タバコをやめられました。
スモーカーは、タバコを否定されたら、自分のことを否定されたように悲しくなるんです。さて、否定されたらどうするか?
躍起になってタバコのメリットを並べ立てるのです。吸う言い訳を並べて、自分を防御するしかありません。ストレス解消、集中力アップ、コミニュケーションには欠かせない、などなど。ですが、誤解のないようにもう一度言っておきます。
タバコにはそんな効果はありません。
タバコを正当化するとき、スモーカーはかなり強い口調でタバコのメリットを語ったりします。だって、自己否定されて、傷ついてるんですから。傷ついたら…そうです、またタバコに手が伸びるんです。だって、タバコは悲しみを癒やしてくれる(と思い込んでる)んですから。まさに、私がそうでした。悪循環でした。そして、タバコだけは私の味方…本気でこう思い始めます。あぁ、アホだったあの頃の私!

 

長い…長いですね。まだまだ続きますよ~!ではまた!

 

 

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ   

ただいま、ブログ初心者の夢子は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければ嬉しいです。

  ↓ ↓ ↓